1. 料理
    2. 料理の隠し味としても大活躍!昆布だしのとり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    料理の隠し味としても大活躍!昆布だしのとり方

    nanapi
    このライフレシピのもくじたたむ

    和食の基本材料として使用するほか、「何かひと味足りない・・・!?」ときにも役になってくれる「だし」。なかなかいい仕事をしてくれますよね。

    今回はいろんなだしの中から「昆布だし」のとり方をご紹介します。

    用意するもの

    • 昆布
    • キッチンペーパー

    やり方

    STEP1:昆布をカットして汚れを取る

    昆布を9cm程度にカットし、キッチンペーパーで軽く汚れをふきとります。

    表面についているうま味成分がとれてしまうので、水洗いはしません。

    昆布に切り込みを入れておくと、だしがでやすくなります。

    STEP2:昆布を水に浸ける

    鍋に3カップほどの水と昆布を入れて、30分~1時間ほどおいておきます。

    STEP3:加熱する

    STEP2の鍋を弱火にかけて、15分程度加熱します。沸騰させないように注意しましょう。

    STEP4:昆布を取り出す

    昆布が表面に浮かんできたタイミングで取り出します。

    STEP5:沸騰させて完成!

    強火でサッと沸騰させて火を止めます。これで完成です。

    おいしいだしが、あっという間にできました。煮物やおすまし、いろいろな料理に使ってくださいね。

    昆布も再利用

    煮出した後の昆布は、好きな大きさに切って、しょうゆ・みりん・酢で煮詰め、佃煮にもできます。

    1回分では少ないので、昆布は冷凍しておき、ある程度たまってから調理してもいいですね。ご飯がすすむ1品です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人