\ フォローしてね /

切り方によって変わる!包丁の握り方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

食材を切る際に使用する包丁ですが、切り方によって握り方が変わります。

今回は基本からそれぞれの用途にあわせた包丁の握り方を説明します。

包丁の握り方

ポイント1:基本の握り方

包丁の刃を下に向け、親指で刃元を押さえ、残りの指でしっかり柄を握ります。

ポイント2:押さえて切るときの握り方

包丁の刃を下に向け、親指で刃元を押さえて残りの指でしっかり柄を握ります。

人差し指は、包丁の腹部分を押さえるようにして持ちましょう。

ポイント3:飾り切りするときの握り方

包丁の刃を下に向け、親指で刃元を押さえ、残りの指でしっかり柄を握ります。

人差し指は刃の峰部分に乗せるようにして持ちましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。