1. 暮らし
    2. かける・置く・入れる!カバンの収納術

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    かける・置く・入れる!カバンの収納術

    家の中での収納場所に困りやすい、カバン。今回は、カバンの収納方法を3種類ご紹介します。

    ポイント1:ドアやラックに引っ掛ける収納

    用意するもの

    • ドアやラックにかけるフック
    • チェーン・パンツ用4段ハンガー・ハシゴタイプのラックなど
    • S字フック

    STEP1

    ドアなどにS字フックを引っ掛けます。

    プラスチックチェーンを使用している場合は、穴にS字フックを引っ掛けてもOK!

    STEP2

    S字フックにカバンの持ち手部分をかけます。大きさや持ち手の長さなどのバランスを見ながら、見栄えがよく取り出しやすい配置を工夫してみてましょう。

    傷まず、型くずれしにくい上に、取りやすいのが特徴です。

    ポイント2:置く収納

    用意するもの

    • ブックスタンド、もしくはファイルボックス

    置き方

    クローゼットの枕棚や押入の天袋部分またはあいている棚に並べ置きます。ブックスタンドやファイルボックスを使うと、並べやすくなります。

    見えやすくて取り出しやすいのが特徴です。

    ポイント3:入れて収納

    入れ方

    大きいカバンに、小さいカバンや使用頻度の少ないカバンを入れて、マトリョーシカのように収納します。

    旅行で使用するカバンには、同じく旅行で使用するポシェットタイプの小型カバンを入れておくと便利です。

    また、引き出しタイプのクリアボックスなどに入れる方法も。その場合、立てて収納できないものは、引き出し内に重ねて収納しましょう。

    (Photo by hiyuri)

    このライフレシピを書いた人