\ フォローしてね /

材料費500円でできるトイレ収納棚の作り方

筆者の家のトイレには、右側奥に小さな備え付けの棚があるだけで、大きめのものを乗せられる収納がありませんでした。そこで棚を手作りしました。

材料費500円で簡単にできる、便利な収納方法をご紹介します。

使ったもの

  • 突っ張り棒(70〜120cm):3本
  • コットン布はぎれ(カーテン):1枚
  • 布をカーテンにするクリップ:7個
  • 段ボール:板状2枚
段ボール以外、全て100均で購入しました。

完成形

トイレの奥に作った棚です。便座の上のかなり高い位置に設置しました。

作り方

作り方は簡単で、突っ張り棒2本設置し、その上に段ボールを2枚乗せてあるだけです。

その少し手前にもう1本突っ張り棒を設置して、コットンはぎれをカーテンのようにし、目隠しにします。コットンはぎれは、100均で売っていたもので、たまたまサイズがぴったりでした。ダイソーには、こういうカワイイ柄のはぎれが何種類もあります。

ただのはぎれを挟むとカーテンにできるクリップも100均で購入したものです(8個入りでした)。

便利なポイント

カーテンの目隠しの向こう側には、トイレットペーパーの替えや掃除用品が入っています。

トイレブラシの替えや、トイレクイックルなどの細かい掃除用品は、ティッシュの空き箱に入れて一緒に収納すると、掃除をするときにすぐ取り出せて便利です。

おわりに

トイレットペーパーの替えなどは、別の部屋の押し入れに入れていたのですが、この棚を作ってからすぐ取り出せてとても便利になりました。賃貸では、トイレに棚がない物件も多くありますが、予算500円でこんなに立派な棚が作れちゃうのでぜひ挑戦してみてください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。