1. 暮らし
    2. 100均アイテムで本を収納する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    100均アイテムで本を収納する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    100均で手に入りやすいアイテムを使って本を収納する方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 「コミック本収納袋」など版形別の書籍収納袋
    • 書類立て
    • 手提げ付きプラスティックかご

    やり方

    ポイント1:本のサイズにピッタリの収納袋を使う

    不織布とビニールで作られた、縦横の大きさが本のサイズにピッタリの収納袋「コミック本収納袋」「文庫本収納袋」「新書版収納袋」を使います。

    メーカーによって収納量は違いますが、収納できる冊数はだいたい10~14冊、背表紙がビニール越しに見えるので、本のタイトルが一目瞭然でわかります。押入れやベッド下を収納スペースとして使えるのもいいですね。

    ポイント2:倒れがちな大判雑誌は「書類立て」に

    本棚やカラーボックスに立てた、大きく薄い雑誌は倒れやすく、ページもくちゃくちゃとシワになりやすいもの。書類立てを使って、数冊ずつ立てておきましょう。倒れず、シワになりません。

    ポイント3:トイレでの読書タイムに「プラスティックかご」

    「雑誌や文庫本を置いておいて、トイレタイムにちょっと読みたい。でも、小さな棚を置くスペースもない…」そんなあなたには、百均の小さな手提げ型のカゴに本を放り込んでおく収納法。これだけでも整理されている感じに見えます。

    おわりに

    いかがでしょうか。用途や目的にあわせて、実践してみてくださいね。

    (Photo by yurie

    このライフレシピを書いた人