\ フォローしてね /

まつり縫いでほつれを直す方法

このライフレシピのもくじたたむ

ズボンやスカートなどの裾のまつり糸がほつれた場合は、まつり縫いをして繕います。

今回はまつり縫いでほつれを直す方法をご紹介します。

用意するもの

  • 細い針
  • 表布の色に合わせた糸

やり方

STEP1

ほつれている部分を確認します。その際、ほつれた糸を引っ張ると、さらにどんどんほつれてしまうので注意しましょう。

STEP2

ほつれた糸を2~3㎝程度残して切り、残した糸は裾の折り返しの中に入れます。

STEP3

ほつれている部分だけを縫うのではなく、ほつれる前の縫い目と5㎝程度重なる位置から縫い始めます。

STEP4

糸は1本どりで、折り返しの布の裏側から針を入れて出し、表地の織り糸を1~2本すくって5~8㎜間隔でまつり縫いします。

STEP5

縫い終わりも、5cm程度ほつれていない部分と重ねて縫います。

STEP6

玉結びをして、折り返しの布の裏側から表に針を出して糸を切ります。これで完了です。

おわりに

裁縫が苦手な人には、裾上げテープがおすすめ。裾にテープを置き、アイロンをかけるだけで簡単に裾上げができます。

脇などの縫い目がほつれた場合は、「なみ縫い」ではなく、「返し縫い」でしっかりと縫い合わせるようにしましょう。

(Photo by masayan)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。