1. 趣味
    2. まつり縫いの基本的なやり方

    まつり縫いの基本的なやり方

    家庭科の授業でやった「まつり縫い」を覚えていますか?スラックスやスカートの裾直しを行う際などに用いられる縫い方です。裾直しは、お店でやってくれるケースも増えているため、ボタン付けほどやる機会は多くないはずですが、自分でほつれ等に対応できたら便利ですよね。こちらでは、「まつり縫い」のやり方をご説明!生地に針を通し、糸目が目立たないように縫うためにはコツがあるので、事前にチェックしておきましょう!
    このライフレシピのもくじたたむ

    まつり縫い(纏り縫い)とは、縫い目が表から見えないようにする縫い方のことを指します。スカートやパンツ類の裾上げのときによくまつり縫いをします。

    特殊な縫い方なので「難しいのかな?」と思われがちですが、コツさえ覚えれば簡単です。この記事では、そんなまつり縫いの基本的なやり方を説明します。

    用意するもの

    やり方

    STEP1:布の端を三つ折り

    布の端を三つ折りにします。写真は三つ折りにしてアイロンでしっかり押さえた状態です。

    中に折り込む布は短めにしておきましょう。

    STEP2:折山の裏側から表に針を通す

    三つ折りにした折山の裏側から表に向かって針を通します。

    STEP3:織り糸をすくう

    5ミリ~1センチ程度先にある下側の布の織り糸を2本程度すくいましょう。

    表側でまつり縫いの糸目が目立たないように注意して、布の織り糸をすくいます。

    STEP4:布の裏側から針を出す

    布の織り糸をすくったまま、三つ折りした布の裏側から針を出しましょう。これを布の最後まで繰り返し続けます。

    STEP5:布の端まで縫い終わったら玉結びをして完了

    続けて縫うとこのようになります。布の端まで縫い終わったら玉止めをして出来上がりです。

    ポイント

    出来上がったものを表から見た様子です。

    わかりやすいように目立つ色の糸を使ってまつり縫いをしましたが、まつり縫いをする時には布の色に合わせた糸を使って、縫い目が目立たないようにしましょう。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人