1. コミュニケーション
    2. 末広がりで縁起のいい手締め「五本締め」のやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    末広がりで縁起のいい手締め「五本締め」のやり方

    このライフレシピのもくじたたむ

    手締ってありますよね。飲み会のあととかに、「一本締めをしましょう」というので「よー、パン(手をあわせて音を出す)」というやつです。

    縁起がいいものとして、よく使われていますが、この中の五本締めというものがあるので紹介します。

    やり方

    まとめ

    簡単にいうと、最初は人差し指だけで拍手をし、最後は五本指(手全体)で音を出すという感じです。

    STEP1

    まず人差し指だけで手を叩きます。

    リズムは「タタタン タタタン タタタン タン」です。

    STEP2

    そのリズムのまま、テンポよく次にいきます。今度は、人差し指と中指で手を叩きます。リズムは一緒です。

    STEP3

    そのまま3本、4本…と増やしていき、最後は拍手の状態で同じリズムをやります。

    効果

    音がどんどんと大きくなっていくので、末広がりを意味し、縁起がいいとされています。

    だんだんと盛り上がっていくため、飲み会や宴会の最後に使うと非常に効果的です。

    サンレーグループの会長の佐久間進がはじめたらしいです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人