\ フォローしてね /

ミシンを使ったまつり縫いのやり方

このライフレシピのもくじたたむ

ミシンを使ったまつり縫いのやり方を説明します。

用意するもの

  • ミシン

ミシンを使ったまつり縫いのやり方

STEP1:布の端を三つ折りにする

布の端を三つ折りにします。写真は三つ折りしてアイロンでしっかりと押さえたものです。布の表側を上にして置きます。

STEP2:下の折り山の端が4~7ミリ出るように上の布を折る

下の折り山の端が4~7ミリ出るように上の布を折ります。

下に折り込んでいる三つ折の布端の処理をしていない場合は、布端が上の折山の下に入っていることを確認してください。ちゃんと入っていないと布端がほつれてくることがあります。

STEP3:STEP2の状態のままミシン台に置き、場所を調整しながら押さえを下げる

STEP2の状態のまま布をミシン台に置きます。ミシンの針が左側を射す時、上の折り山をわずかに射すように布を置いて押さえを下げましょう。

ミシンの針が左側を射す時、折り山に大きくかかればかかるほど表に出る縫い目が目立ちますので、気をつけてください。
ミシンにまつり縫いようの押さえが付属されている場合はそれを利用してください。縫いやすくなります。

STEP4:ミシンの設定を「まつり縫い」モードにする

ミシンの設定を「まつり縫い」モードに設定しましょう。写真のミシンでは7番のマークが「まつり縫い」です。

「まつり縫い」は「くけ縫い」と表示されている場合もあります。

STEP5:縫い終わったら糸を切り、完成!

縫い終わったら糸を切って完成です。

写真はわかりやすいように目立つ色の糸を使用しましたが、まつり縫いをする時には布の色に合わせた糸を使いましょう。

おわりに

上の折り山を開くと表が出てきます。これが出来上がりの状態です。慣れれば手縫いよりもずっと早く仕上がります。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。