1. コミュニケーション
    2. 目上の人からの正しいビールの受け方(動画あり)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    目上の人からの正しいビールの受け方(動画あり)

    社会人になると歓迎会や上司との飲み会など、目上の人や取引先の人とお酒を呑む機会が増えます。そして、多くの人が参加する飲み会では、瓶ビールが出てくる場合がよくあります。

    友達と呑むのとは違い、目上の人や取引先の人と呑むときは、お酒の受け方(グラスの持ち方)のマナーを守らないと「失礼なやつだ!」と思われてしまうかもしれません。

    そんなことで損をしないためにも、ビジネスマナーとして瓶ビールの正しい受け方(グラスの持ち方)を覚えておきましょう!

    nanapi動画で解説

    やり方

    STEP1:片手でグラスの底を持つ

    片方の手でグラスの底を持ちます。基本的には左右どちらの手でも構いません。

    グラスを握る必要は無いので、手のひらに乗せるだけで大丈夫です。

    STEP2:グラスを相手側に傾ける

    もう片方の手をグラスに添えて、両手でグラスを持ったら、相手側にグラスを傾けます。

    STEP3:注ぎ口にグラスの高さを合わせる

    相手が注ぎやすいように、瓶の注ぎ口にグラスの高さを合わせましょう。

    あまり高すぎると相手は注ぎづらいので、相手の手の高さよりも若干低めがベストです。

    STEP4:次第にグラスを立てていく

    ビールを注がれながら、傾けているグラスを次第に立てていきます。ビールがグラスの3分の1くらいまで注がれたら立て始めましょう。

    最初からグラスを立てていると注ぎづらいだけでなく、ビールが泡だらけになってしまいます。逆にグラスを傾け続けていても溢れてしまいますので、タイミングが重要です。

    ダメな例

    このように片手で受ける(グラスを持つ)のはNGです!これは目下の人や親しい人を相手にしたときの受け方です。

    注がれたら必ず口をつけよう

    グラスにビールを注がれたら、ひとくちで良いので必ず口をつけましょう。ビールが苦手な人は口をつける仕草だけでも大丈夫です。

    相手に対して「ありがたく頂戴します」という意思表示になりますので、これも含めて注がれ方のマナーです。

    もちろん、注がれたらすべて飲み干せという意味ではないので、自分のペースにあった節度ある呑み方をしましょう。

    おわりに

    社会人になると、このようなちょっとしたマナーや気づかいで得することがとても多いです。いつでもできるように心がけておきましょう。

    Twitterで紹介!

    こちらもチェック!

    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人