\ フォローしてね /

焼肉のタレなど「油分のある液体調味料」の捨て方

このライフレシピのもくじたたむ

焼肉のタレなど、ときどきしか使わない食材は、最後まで使い切れずにあまらせてしまいがち。液体の調味料などは、排水口にそのまま流さないよう、以下のように処分しましょう。

焼肉のタレ以外でも、液体の調味料はこの方法で処分できます。

今回は例としてプラスチック容器の焼肉のタレで説明します。

用意するもの

  • 牛乳パック
  • 古新聞またはボロ布
  • ナイロン袋
  • シリコンスパチュラ(入れ物が瓶の場合)

やり方

STEP1

牛乳パックに古新聞またはボロ布を詰めます。

牛乳パックは上から1/3ほどのところで切ると使いやすいです。

STEP2

中身を牛乳パックに入れた古新聞またはボロ布に吸わせます。

瓶の場合はシリコンスパチュラで中身をかき出します。

STEP3

牛乳パックの口をガムテープなどでとめてナイロン袋に入れ、普通ゴミとして捨てます。

STEP4

プラスチックや瓶の容器は、ラベルを剥がしてきれいに洗い乾かします。

瓶やプラスチック、蓋は表示区分にしたがって捨てます。自治体によってはゴミ区分がちがうので注意しましょう。

もう一工夫

焼肉などを食べた後のお皿は、キッチンスクレーパーや古新聞、ボロ布などで汚れをさっと落としてから洗うようにすると、泡が立ちやすくてスポンジも汚れにくく、水道水も節約できます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。