\ フォローしてね /

【デジイチ入門】縦位置・横位置の撮影(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

正方形を例外にすれば、写真には縦と横の2種類が存在します。当たり前に目にしているものなので、それほど意識することはないかもしれません。映画は横位置ですし、私たちの眼も横に並んでいるため横長に見えています。

つまり、日常的な映像はすべて横で目にしていることになります。そういう意味では、私たちの肉眼とは違う縦位置の世界は、非常に特殊なものだと言えます。

縦横の違いで写真の印象がどのように変化するのかを理解し、シチュエーションや用途に応じて撮り方を適切に選べるようになりましょう。

動画でみる

テキストでみる

横位置での撮影

先に述べたように、横位置は私たちにとって自然な構図のため「安心感のある、安定感のある」落ち着いた優しい印象になります。また、情報量の多い写真を撮りやすいという特徴もあります。

縦位置での撮影

一方、縦位置の場合は、被写体を力強く印象的に捉えると言えます。そのため、写真に「臨場感、奥行き感のある」ダイナミックな印象になります。

モデルがメインモチーフになり、背景はサブ的な扱いになりました。横に写る範囲が狭いため、記録的な意味ではなく、撮りたい被写体を際立たせたいときに使うとよいでしょう。

おわりに

撮影現場の状況を考慮して自分の表現したいイメージが縦位置・横位置のどちらが適しているのか判断しましょう。迷ったら両方で撮影して印象を比較するのもおすすめです。

本記事は、ITmedia デジカメプラスの企画協力のもとに執筆されています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。