1. 暮らし
    2. 挙式・披露宴の準備:1か月前編

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    挙式・披露宴の準備:1か月前編

    いよいよ来月には挙式・披露宴です。1か月前のこの時期からは、具体的にやること・決めることが多くなり大変になっていきます。2人で協力し合い、楽しんで準備を進めましょう。

    本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    挙式・披露宴の1か月前にする主なこと

    ここでは主に、当日の式の内容など、具体的で細かなところを決めたり、押さえておくと良いポイントを紹介していきます。

    婚礼衣装合わせ

    • 衣装合わせ(和装・洋装):変更可能な期間なら最終判断をしましょう。調整していた部分などができていれば確認します。サイズが変化していないかなどもチェックします。
    • かつら合わせ(和装)
    • ブーケ・ブートニア(洋装):式場手配でない友人に依頼しているような場合は、進行具合を念入りに確認させてもらいましょう。
    • ブライダルエステ:晴れの日に向けて、フェイス、デコルテなどの上半身、全身、回数など予算に合わせて受けるのもよいでしょう。
    • ヘア・メイク・ネイルなど

    最終確認と当日に向けて準備を進めます。

    司会者と打ち合わせ

    • 式のイメージを伝える
    • エピソードなどを活用して

    各種の担当を決める

    • 受付
    • ビデオ、写真などの記録係
    • 司会
    • スピーチ、余興
    • 配車、アテンドなど

    2次会を依頼する

    • 二次会の幹事を選ぶ
    • 会場や演出を決める
    • 出欠、人数の確認
    • 予算、会費など

    結婚指輪を選ぶ

    • デザイン、素材、ブランド
    • 予算
    • 刻印
    打ち合わせでは、式の演出や2人の意図、イメージなど、会場側、担当者にしっかりと伝えていきましょう。

    おわりに

    式に向けて、いろいろな人との打ち合わせが多くなります。その際、2人の意見が一致していることが大切。何を優先してどこで妥協するかなど、よく相談してお互いの不満を溜めないようにすることが大切です。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人