\ フォローしてね /

もう迷わない!結婚指輪を選ぶポイント

このライフレシピのもくじたたむ

「結婚の証」として、挙式の際に新郎・新婦が交換するのが結婚指輪です。男女がペアで身につけるリングで、婚約指輪と違い、日頃身に着けられるような、シンプルなデザインのものが多いです。

結婚指輪を左手につける由縁は、右手に比べてハートに近いということと、薬指の血管は心臓に繋がっている、と太古から考えられてきたため、といわれています。
本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

結婚指輪を選ぶポイント

次のポイントを参考に、結婚指輪を選ぶと良いでしょう。

選び方

  • デザイン(素材・色など)
  • 価格(ブランドなど)
試着などで、着け心地を確認すると良いでしょう。特に男性の場合、ビジネスシーンを考慮して選びましょう。

刻印について

  • 刻印するかしないか(デザインによって、出来ない場合も)
  • 何を刻印するか
リングの内側に、イニシャルや入籍・挙式日、メッセージなどを入れるサービスがあります。デザインによって、刻印ができない場合もあるので、選ぶ際は気をつけましょう。

おわりに

結婚してから、永く身に着けることになる結婚指輪です。いろいろ見て試着をして、じっくり考えて、互いに納得のいくものを選ぶと良いでしょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。