1. 暮らし
    2. 【結婚式の打ち合わせ】司会者に伝えておきたい5つの事

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【結婚式の打ち合わせ】司会者に伝えておきたい5つの事

    このライフレシピのもくじたたむ

    司会者は、挙式・披露宴の印象に大きく関わります。できるだけ自分たちのイメージ通りの挙式・披露宴にしたいですよね。

    ここでは、そんな司会者との打ち合わせの際に役立つ、「伝えておきたい5つの事」を紹介します。

    本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    伝えておきたい5つのポイント

    どういう点に気を付ければ、自分たちのイメージ通りに、また、来ていただいたゲストの皆様に楽しんで頂ける挙式・披露宴になるのでしょうか?

    1:司会者に言ってもらいたいこと

    式中、ゲストへアナウンスしたい事柄を伝えましょう。紹介して欲しい事柄やお知らせなど、式の進行には盛り込めない場合は、お色直しや歓談中などに、さりげなく司会者から紹介してもらうように伝えておきましょう。

    2:とっておきのエピソード

    なれそめやプロポーズ、結婚を意識した時など、とっておきのエピソードは、出来るだけ具体的に話ましょう。新郎・新婦の人柄が良く分かり、司会者が式全体のイメージを掴むきっかけになります。どのような雰囲気の式にしたいのか、エピソードから分かってくるのです。

    3:新郎・新婦の人柄がうかがえるエピソード

    恥ずかしい話、喧嘩した話など、「とっておきのエピソード」のほか、お互いがとても印象に残っているエピソードを話しましょう。これも、司会者が、新郎・新婦の人柄を掴むきっかけになりますし、会場全体のイメージ作りにもつ繋がります。

    4:ゲストへの感謝の気持ち

    招待しているゲストへの、感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。座席表や、スピーチリストなどを元に、そのゲストとの関係や、ゆかりあるエピソードなどを伝えておくと良いでしょう。

    5:大切な人への思い

    新郎・新婦のあいさつには盛り込めないけれど、どうしても伝えたい思いや、式に出席できなかった人への思いなど、伝えたいことがあれば、事前に知らせておきましょう。式の進行に盛り込んでもらえる場合があります。

    式中で、新郎・新婦が話をするのは最初と最後だけです。できるだけ自分たちの式のイメージを伝えられるように、打ち合わせでは司会者とたくさん話しましょう。

    おわりに

    「司会者にイメージを伝える」といっても、一口で伝わるものではありません。エピソードなどを絡めると、イメージしやすいので、これらの「伝えたい5つのポイント」を踏まえて、司会者と打ち合わせをすると、上手く伝わります。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人