\ フォローしてね /

結婚指輪を決める3つのポイント

「結婚の証」として、挙式の際に新郎・新婦が交換するのが結婚指輪です。男女がペアで身に着けるリングで、婚約指輪と違い、日頃身に着けられるように。シンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。

本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

結婚指輪を決める3つのポイント

次のポイントを参考に、結婚指輪を選ぶと良いでしょう。

1:デザイン

男女共、いつでも身につけていられるように、シンプルなデザインのものが一般的です。最近では、さまざまなデザインのものがあるので、いろいろ見て、つけ心地などを試してみると良いでしょう。

ビジネスシーンにも合う、シンプルなデザインのものが良いでしょう。

2:素材(色)

変形・変色のない、耐久性のある素材を選びます。代表的なものは、以下の3種です。

  • プラチナ
  • ホワイトゴールド
  • ゴールド

3:刻印

デザインやブランドによっては、刻印ができないリングもあります。一般的には、リングの内側に数字やアルファベットなど、以下のものを刻印します。

  • イニシャル
  • 挙式日
  • 入籍日
  • 愛の言葉(格言)など

人気のある刻印メッセージ例

イニシャルを使って(男性M:女性F、の場合)

  • M to F
  • M0524F(日付とイニシャル)
  • MF0524(日付とイニシャル)

メッセージ

  • LOVE
  • HAPPY
  • SMILE
  • FOEVER
  • TOUS LES DEUX (フランス語で「いつも二人で」)

日付(挙式・入籍日)

  • 120524
  • 24.MAY

おわりに

結婚指輪を左手につけるのは、右手に比べて心臓に近いということと、薬指の血管は心臓に繋がっている、と太古から考えられてきたためといわれています。結婚してから、永く身に着けることになる結婚指輪です。いろいろ見て試着をして、じっくり考えて、互いの納得のいくものを選ぶと良いでしょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。