\ フォローしてね /

【結婚・新居の準備】引っ越しの荷造りのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

荷造りは進んでいますか? こちらでは、新婚生活をスムーズに始めるための、荷造りのポイントを紹介します。

本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

荷造りのポイント

新居には、2人分の荷物が届きます。新しい生活が快適にスタートできるように、荷造りの際は、以下に気を付けると良いでしょう。

不要なものは処分する

新居では、新しい家具や家電も増えます。ですので、不要なものは、出来るだけ処分しておきましょう。廃棄のほか、リサイクルショップの活用や寄付、友人や兄弟に譲るなどすると良いでしょう。

すぐ使うものは分かりやすく

引越し後、すぐ使いたいものは、同じ箱にまとめましょう。箱には、分かりやすく目印を付けておくとよいでしょう。

荷物リストの活用

事前に、2人の「荷物リスト」を作っておくとよいでしょう。お互いに照らし合わせ、ダブっているものなどは処分して、できるだけ荷物を減らすことを心がけましょう。

「荷送り」を行う場合

地域によっては「荷送り」といって吉日に目録を付けて婚礼用の家具調度を運びこむ行事を行うこともあります。その場合の荷造りは親や親族、買い揃えた店などに相談してみましょう。

荷物は少なく、すぐ使うものは分かりやすく、そして「荷物リスト」の活用がポイントです。

おわりに

結婚の準備などで、何かと忙しい時期だと思いますが、身の回りの荷物の整理を行い、新しい生活に備えましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。