\ フォローしてね /

【結婚後の手続き】結婚後の免許証、パスポートの届出

このライフレシピのもくじたたむ

結婚して名前が変わると、色々と手続きが必要になります。ここでは主に、運転免許証とパスポートの手続きにつて紹介します。

本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

運転免許証

変更の際、必要なものは以下のものです。

  • 免許証
  • 結婚して新しい本籍と氏名が記載されている住民票
  • 新住所が記載されている消印付きのハガキと保険証
他の都道府県へ引っ越した場合には、新しい免許証の発行となります。証明写真が必要になります。

この手続きは、運転免許試験場か最寄の警察署で行います。引越し後、速やかに行いましょう。

パスポート

結婚して姓が変わった場合のパスポートの手続きは、「新規取得」と「修正申請」の2種類があります。

新規取得の場合

  • パスポート
  • 戸籍謄(抄)本(発行から6カ月以内)
  • 本籍地が記載された住民票(発行から6カ月以内)
  • 本人確認できる書類(運転免許証など)
  • 印鑑
  • 既定のパスポート写真
  • 未使用のはがき1枚(表に新住氏名を記入)

新居の住民登録をしている都道府県の旅券発券窓口で行います。受け取れるまで2週間程度かかります。別途印紙代(5年は1万円、10年は1万5千円)がかかります。

修正申請の場合

  • パスポート
  • 戸籍謄(抄)本 (発行から6カ月以内)
  • 住民票(発行から6カ月以内)
  • 新しい性の印鑑

新居の住民登録をしている都道府県の旅券発券窓口で行います。 本人が申請する場合は、1時間程度で受け取ることができます。修正手数料900円がかかります。

料金的には「訂正申請」のほうが安いのですが、写真やサインは旧姓のままになります。費用がかかりますが、サインと記載事項が統一できる「新規取得」を選ぶと良いでしょう。
挙式・披露宴後ハネムーンで海外へ行く場合、旧姓のパスポートでも良いのですが、万が一紛失をした際にトラブルの原因になります。早めに手続きをしておくとよいでしょう。

おわりに

これらは、身分を証明する大事な証書です。なかには、手元に届くまで日数が掛るものもあります。引越し後、速やかに手続きをしましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。