\ フォローしてね /

【結婚後の手続き】職場に必要な届け出

このライフレシピのもくじたたむ

結婚後は名前が変わり、住所も変わります。職場には速やかに報告をして、手続きを取れるように、以下のポイントを押さえておきましょう。

本記事は、暮しのチームクレア012のご協力により、2012年に執筆されたものです。

職場での手続き

いろいろ申請が必要になります。事前に、人事担当部署と相談しておくとよいでしょう。

氏名変更

職場では、「旧姓のまま仕事をする」という場合でも、社会保険や税金の届け出を処理する際に、新しい姓が必要です。速やかに人事に知らせましょう。また、名刺や名前プレートの変更が必要になる場合があります。

住所変更

交通費の手続きのほか、社会保険や税金の届け出を処理する際に必要になります。会社からの各種郵送物などを受け取る際にも必要になります。

口座変更(必要な場合)

給与振込口座に変更がある場合、速やかに知らせましょう。口座番号の変更はなく「氏名変更」だけの場合も、給与担当部署に知らせておくとよいでしょう。

休暇届・退職願など

ハネムーンなどで長期休暇を取る場合、会社に迷惑をかけないよう、休暇届けは早めに申請しておきましょう。また、結婚を機に退職を希望する場合も、会社の規定どおり、事前に退職の話を進めておくとよいでしょう。

各種届け出(人事)

会社の人事部・総務部に相談すると、以下の手続きをしてくれます。参考までに、主な手続きを紹介します。また、会社によっては「祝い金」の制度を設けているところもあります。早めに相談すると良いでしょう。

  • 社会保険
  • 厚生年金
  • 年末調整
  • 扶養家族申請 など

おわりに

会社に迷惑をかけないためにも、早めにお知らせしましょう。せっかくの結婚生活、みんなに祝福され幸せなスタートをしたいですね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。