\ フォローしてね /

金環日食を完全攻略する方法

2012年5月21日(月)の金環日食は見ましたか?1987年9月23日に沖縄で観測されて以来、約25年ぶりの金環日食のうえに、1839年以来、173年ぶりに本州で観測できるとあって、日本全土でかなりの盛り上がりを見せました。

次にこの現象が見られるのは、2030年6月の北海道だそうです。その前に、金環日食とは何か、観測方法、見方などをおさらいしておきましょう。

金環日食の基礎知識

金環(きんかん)日食とは?

まず、金環日食とはいったい何でしょうか?

基本知識としては、以下の3点になります。

  • 太陽が月に一部(または全部)隠れる現象を「日食」と呼びます。
  • 太陽の一部だけが月に隠れる現象を「部分日食」と呼びます。
  • 太陽が月に全部隠れる現象を「皆既日食」と呼びます。

そして、太陽が月より大きく見えるために、月の周りから太陽がはみ出して見える現象、それが「金環日食」です。

何がスゴイの?

金環日食が日本の陸地で観察できるのは、10〜20年に一度ほど。1987年9月23日、2012年5月21日の次は、2030年6月1日に北海道で見られるまで18年間起こりません。

どこで観測できる?

次の金環日食はどこで観測できるのでしょうか?

2012年の金環日食は、九州南部・四国・紀伊半島から本州の関東付近にかけて見ることができました。つまり、ほぼ全地域で日食を見ることができたのです。

しかし、次回の金環日食は北海道限定です。その他の地域でも見ることができる場所はありますが、部分日食になってしまいます。

金環日食を見たい方はどこで見られるのかを事前に確認しておきましょう。

いつ見られるの?

次の金環日食はいつ見られるのでしょうか?

日付としては、2030年6月1日になります。

観測方法

金環日食を観察するときに注意したいことを説明します。

絶対禁止の事項

金環日食を見る際に絶対やってはいけないものがあります。それは

  • 肉眼で見る
  • 双眼鏡や望遠鏡を使う
  • サングラスやゴーグルを使う
  • 色つき下敷きやCDを使う

などです。

というのも、太陽はとても強い光と熱を出しています。正しい方法で観測しないと目に悪い影響がある可能性もありますから十分に注意しましょう。

正しい観測方法

正しい観測方法としては、

  • 日食メガネ(グラス)を使う
  • 木漏れ日から影を見る

などがあげられます。一般的には日食メガネを使います。

日食メガネを手に入れよう

金環日食を見るためのグラスのことを「日食メガネ」や「日食グラス」といいます。

  • Vixen日食グラス(天文団体推奨品)
  • アイソテック日食メガネ

JISや海外の規格で「遮光保護具」としてパスした商品を購入しましょう。粗悪品や偽物には十分注意してください。

次の金環日食は、2030年北海道で!

金環日食はなかなか見ることができない貴重な機会です。しっかりと準備をして、日食を楽しみたいですね。

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。