\ フォローしてね /

引越しを成功させるための人生のポリシーを決めよう

引越しというのは、とても大変な作業な上にお金がかかり、しかもすぐに取り消せないというイベントです。失敗してしまったら大変です。

僕は比較的、すぐに引越しをします。だいたい1年〜2年くらいで引越しをしてしまいます。しかし、今まで後悔した引越しは一度もありません。

そこでよく引越しする僕が、「引越しするときはこうやって家を選んでいる」というものをまとめてみました。

引越しのポリシーを決める

まず決めたいのは、引越しのポリシーです。

その引越のポリシーというより、自分の生き方のポリシーといってしまったほうが正しいかもしれません。

そのポリシーに合わせた引越しや家選びをしておけば、後悔が少なくなります。

僕の場合

僕の場合は「有名な場所に詳しくなる」という風に決めています。そのため、新宿のど真ん中や、秋葉原、神楽坂といった、東京の名所に住みました。

その地域に詳しくなると、楽しいことが多い場所、という基準です。そのため繁華街や、有名な箇所、観光客が多く集まる場所を選んでいました。

最近は都心ど真ん中が多いですが、次は鎌倉とかがいいかなあ、とか考えています。

どんなポリシーが他にあるか?

たとえば、人によっては「とにかく家でリラックスしたい」タイプなのか「家は寝るだけなので、会社にとにかく近い」なのか「家族が健康で暮らせるように工夫したい」なのか、などで決まってくると思います。

そのポリシーは基本的には、これからの人生、ずっと使えるものになるので、一度、どういう人生を過ごしたいか、そしてその人生ではどのような場所で過ごしたいか、を考えるといいでしょう。

希望はひとつだけ決める

さて、ポリシーが決まったら次はどういう家に引っ越すか、を決めることになります。

それを説明する前に、やってしまいがちなミスを紹介しましょう。

やってしまいがちなミス

やってしまいがちなミスとして「これも譲れない、これもこうしたい」というので譲れないものを多くしてしまうケースです。いわゆる減点方式ですね。

すると、起こるのは、どれもそこそこの物件になってしまうことです。駅から徒歩10分で、それなりに会社から近く、それなりに便利で、それなりに広い・・・となってしまいます。

これはある意味よさそうに見えますが、実は全体的に不満がある状態になってしまうのです。これは後悔しやすくなってしまいます。要は全体的につまらない家になるのですね。

一点豪華主義

そういった事態に陥らないために、まずはそして、次に一つだけ譲れないものと、予算を決めます。これは上記で決めたポリシーを元に考えていきます。

ポリシーで「有名な場所に詳しくなる」の僕の場合だと、だと、希望は場所になります。どういう場所に住みたいかが決まり、それを予算の中でどうやりくりするか、だけになります。

このポリシーからの妥協は絶対にしません。たとえば、秋葉原、だったら秋葉原から徒歩10分以内は譲れない、と考えるのです。「ちょっと歩けば近いから、1駅離れた場所にするか…安いし」みたいなことは考えません。

それだけ満たせていれば他は希望が満たせればラッキー、ぐらいに考えています。

「とにかく会社から近くに!」というポリシーの人は、それこそ徒歩1分で借りれる場所を決めて、どんなに狭くてもどんなにぼろくてもいい、という風にするのがいいのです。

この考え方だと、「とにかく広い家にすんで、いろいろなものを置きたい」というタイプの人だと、すげー汚いし、駅から徒歩20分だけど、めちゃくちゃ広い、みたいな感じの選び方になります。

こうすると、他がどんなにダメでも諦めもつきます。どうせ全部の要望を満たせる家などないのですから、そうしてしまったほうが楽しいです。

おわりに

というわけで、引越しの考え方をご紹介しました。

自分の中で軸を決めてしまうと、いろいろと判断軸が迷わなくなるのでオススメです!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。