\ フォローしてね /

ホワイトデーの義理返しに悩んだら…!ハンカチギフトがおすすめ【体験談】

ホワイトデーの義理返しの定番と言えば、クッキーなどの焼き菓子などのなくなる消耗品。そこへプラスαをつけたい場合に、ハンカチはいかがでしょうか。

今回はハンカチギフトをおすすめする理由をご紹介していきます。今や、コンビニやデパートのホワイトデー特設会場でもハンカチとスイーツのセット商品がたくさんあるのでとても使えると思います。

義理返しでハンカチを勧める理由

実用的

ハンカチは日常的に使うもの。よほどひどいデザインでなければ贈られた女性も使うでしょう。

もちろん女性毎に好みはあるので、相手の好みがわかるならそのようなデザインを選ぶといいでしょう。筆者の場合、もらったハンカチで使わなかったのはおばちゃん柄のもので、母親にあげてしまいました。

もし何を選んでいいのかわからない場合は、筆者が以前ホワイトデーのいただきもののハンカチの画像を以下に用意したので参考にしてみてください。

  • 水色のドット柄は、10代の頃のいただきもの。好きな柄なのでよく使いました。
  • ピンクの花柄は好みのデザインではありませんでしたが、使ってもはずかしくないデザインだったのでこれも20代の頃よく使いました。
  • 1番下のちょっとゴージャスな柄はOLさんや大人の女性にぴったりですね。OLの頃も今も重宝しています。

その他にもこんなハンカチも…

  • 白のタオルハンカチはデザインも私好み、そしてタオル地だから使いやすいです。とても重宝しています。
  • ハンカチかと思ったらスカーフでした。でもこのレトロなドット柄はもろ私好み。すごくうれしかったです。

この他にも、冠婚葬祭用の白いレースのハンカチをいただいたこともありました。意外と若い女性は持っていない人が多いようです。筆者も持っていなかったのでいただいたときはとても助かりました。急なときに使えるように、冠婚葬祭用のハンカチを贈るのは、きっと重宝すると思います。

比較的価格が安い

どのハンカチを選んでも、比較的価格が安いのがいいところ。義理ギフトとしては重くならずにおすすめです。

上の画像のハンカチも、フィオルッチ、プライベートレーベル、バーバリー、ピンキー&ダイアンなどのブランド品ですが、どれも何百円程度と価格が安いです。

以前、コンビニで見かけたことがありますが、1000円前後で販売されていました。そのようなことから男性のお財布にもやさしいギフトでおすすめです。

選び方に迷ったら身近にいる女性を頼るのも手

既婚のおじさまが独身のOLさんにハンカチを贈ると言っても、悩んでしまうこともあるようですね。若い男性でも、女性の好みを把握するのは男性にとっては至難の業だと若い頃の主人も語っていました。よほどファッションにこだわる男性でなければ、女性へのギフト選びは大変なもののようです。

以前、勤めていた職場のおじさまは奥様に用意してもらっていたそうです。どんな柄を選べばいいのか迷ったら、やはり女性に選ぶのを手伝ってもらうといいでしょう。

おわりに

手軽に贈ることのできるハンカチは、ホワイトデーの義理返しにぴったりです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。