\ フォローしてね /

暖房の無駄を抑え効率よく効かせる方法

今、主流のフローリング和風の住宅とは違って部屋を明るく広く使えるのがいいところです。もちろん夏場は空間が広いので、冷房なくても涼しく快適です。

しかし、そこで問題になってくるのが冬の暖房代。広い空間ほど燃料代が増えてしまうのです。そんな問題を解決するために筆者が実践した方法をご紹介します。

暖房が行き届く範囲を限定する方法

空間が広ければ広いほど、暖房代がかかる・・・これは必ず言えることです。そこで筆者は、暖房が行き届く空間を限定できるように仕切りをつけようと思いました。

階段

筆者の家では基本、2階には誰もいません。ですので暖かい空気がすべて階段へ行ってしまうのを以前から無駄に感じていたのでこのようにロールスクリーンを設置しました。

リビングの使っていないスペース

リビングは、キッチン、ダイニングと一間になっているので空間がとても広い!使っていない空間が広いのに、そのせいで暖房代がかかるのが無駄に感じました。

そこで、リビングの端のスペースを狭くするために4畳半分のところにロールスクリーンを設置しました。

月々の光熱費

月々の光熱費がなんと2/3に。つけて正解でした。

ここがいい!ロールスクリーン

光熱費のことを考えて、階段へはドアをつけようと思ったのですが、せっかくの広々とした空間を損ねてしまいます。お金もかかってしまうし、階段へ上がるたびにドアの開け閉めをするのも面倒です。

ロールスクリーンは、冷暖房を入れるときだけ降ろすようにして、それ以外は天井側へ収納できるから邪魔になりません。お値段もドアを設置するほどはかからず、安く設置することができました。

リビングは壁の色と合わせて小部屋風に、階段側は人通りが激しい場所で汚れることを予測して茶色にしました。部屋の雰囲気を損ねることなく、効率よく暖房を効かせることができるマストアイテムです。

おわりに

暖房は無駄を抑えて経済的に暖かく。広い空間ではなかなか温まりません。

ぜひ参考にしてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。