\ フォローしてね /

要らなくなったポイントカードを処分する方法、注意するポイント

ポイントカードって、店員さんに勧められて思わず作ってしまいますよね。しかし、不要になって溜まってしまったポイントカードはどうすればいいのでしょう?

今回は、不要になったポイントカードを処分する時の注意点と処分方法をご紹介します。

要らなくなったポイントカードを処分する時に注意すること

1:処分前のチェック

まずはポイントが貯まっているかどうかです、使えればお得ですね!

次に、カードのオプション機能、例えばクレジットカード機能付きなどがありますが、入会している場合には解約や退会手続きなどを規約に従って行いましょう。

そして、どんなカードでも作った時に何か個人情報を登録したかどうか、これを確認する事が特に重要です。

もし、個人情報を登録してあるそのままでカードを処分した場合、万一のゴミの持ち去り(ゴミの中からのカードの盗難)などの不意な事態となった際、防犯の面では無防備であるからです。

2:個人情報登録してあるカードの処分前準備

それではどうしたらよいのか、例えばレンタルビデオ店でよく見る、お店側がカードを読み取れば個人情報がわかるようなタイプのカードがあります。

こういうものはなるべくお店の人に言って、誰にも使えないように(お店の人にも読み取られないように)してもらいましょう。登録の抹消や退会手続きですね

3:処分方法

さて、その後のカードの処分ですが、お店に出向いて2:までのチェックを行ったという方は、可能であればそのままお店に引き取ってもらいましょう

もちろん、ご自宅のシュレッダーなどでなるべく細かくしてご自身で処分するという事でも良いと思います。

お店に個人情報登録をしていないものでも、名前などが記載されたカードの処分時は同様にご注意を。

お店によっては退会をしても個人情報自体は顧客情報として残るという可能性もありますので気になるという方は、個人情報の削除依頼も同時に行ってしまいましょう。

個人情報の取扱いについてはお店にご確認下さい。

カードについては、普通にシュレッダーにかけるだけでも防犯面では良いのですが、細かくしないとパズルのように復元されてしまう危険性はありますので、最良の方法はお店側で使えなくしてしまうことです。

筆者がこれらの事をなぜ実践しようと思ったかについて

以前、レンタルビデオ店を利用しようと思った際の事です。筆者自身のカードは作っていなかったので家族のカードを借り、利用しようとした事があるのですが、お店に行ったらこちらに登録してある年齢の方は一緒に来ておられますか?と聞かれました。

もちろん、そのときはそこのお店ではカードの家族共用が不可だったことを知らずに使おうとしてしまったのですが、それよりも驚いたのは、レンタルする度に店員さんに年齢などを見られていたことです。

日頃、こういう情報が登録された物でもあまり意識せず、取り扱っていますよね。持ち歩く時はもちろん、捨てる時は…と、このように思ったのがひとつのきっかけになりました。

信用できるかわからない事がある世の中

最近ではゴミを勝手に持ち去るゴミ盗難のニュースもよく起こっています。さらには個人情報のニュース・・本来信頼していいはずのところの人が個人情報や地位を利用して悪事を働いたなんて話もよく耳にします。

もちろん、何事も疑いすぎはよくありませんが、お店の人であればそれこそいつでも個人情報は見る事ができてしまいます。例えば、お店の人が紛失したりするかもしれません。渡してもちゃんと処分されるかはまだ不確定なわけです。それならば目の前でまず消してもらった方が安心なのでは?と思いました。

おわりに

いかがだったでしょうか、これらは以前見たニュースと体験から、色んな人がいる、危険な場合もあると知り、悪用されそうな物を捨てる時は、なるべく注意する事が大切です。

そして、もし不意な事態になっても安心はできるようにしておきたいと思って立てた自分なりの対策です、ご自身が納得いく形での対策に、この記事が何か参考になればと思います。

日頃あまり意識しないところの管理です。色々と気をつけたいものですよね。ポイントカードは賢く使って楽しい生活を!

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。