\ フォローしてね /

エレベーターの上座・下座とは?

仕事上で、上司や取引先のお客様と一緒にエレベーターへ乗る機会も多いと思います。

そんなとき、相手をきちんと上座に導いていますか?自分はちゃんと下座に立っていますか?

エレベーターの上座・下座

図をみてください。

1番から順番に、えらい人順と覚えましょう。

もし自分が一番下っ端であれば、エレベーターが到着したら自分が一番に乗り込み、操作盤の前に立ちましょう。

どうやって乗せるのがいいのか?

外のほうでボタンを押して「どうぞお先に」と言ってしまうと、自分は「3」の位置に立つことになってしまい、誰かが操作しなければいけなくなってしまう可能性があります。

STEP1

エレベーターのドアを押さえて開けっ放しにしておき、「どうぞお先へ」といって相手に乗ってもらいます。

STEP2

すごい勢いでするりという感じで操作盤の前の位置をゲットします。

STEP3

お客様に背中を向けないように少し斜めになります。

STEP4

降りる時には、「開」ボタンを押しながら「お先へどうぞ」といいます。自分は最後に降ります。

最後に

意外と軽視されがちなエレベーターの上座下座、是非ともマスターしましょう!

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。