\ フォローしてね /

初心者でもなんとなく料理できるように見える[一番簡単なピーマンの肉詰め]の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

普段の料理といえば肉や野菜を炒める位……それなのに家に彼がやってくる!とか、おべんとうの中味を人に見られることになってしまった!など、ちょっと料理ができる風に見せたい時に便利なレシピを紹介します。

ボリュームがあって濃い味なので、熱々でも冷めても美味しいですよ!

用意するもの

2人分。

  • ピーマン1袋(できるだけ丸いころんとしたものを選ぶ)
  • スーパーで売っているハンバーグの種2個
  • 片栗粉or小麦粉 少々
  • ケチャップ 少々
  • ソース(中濃でもウスターでもお好みソースでもOK) 少々
今回は初心者が「できるように見せる」ことが目的なので、ハンバーグの種は買ってしまいました。

ハンバーグを種から作ってみよう!と思ったらこちらのレシピを参考にして下さい

美味しいシンプルなハンバーグの作り方

やり方

STEP1

ピーマンを切って中の種を取り出します。

ピーマンは丸いものの方が肉を詰めやすいです。

STEP2

ハンバーグの種を買います。

なるべく赤身の方が調理しやすいです。

STEP3

水気をとったピーマンの内側に、小麦粉か片栗粉を振ります。

粉振り器がないので茶こしで代用しました。

しっかりつけて、余分な粉を落として下さい。

STEP4

ピーマンに肉を詰めていきます。

肉は焼いた時縮むのでピーマンから外れてしまうことが多いです。

注意して詰めましょう。

できるだけ肉をぎゅうぎゅうに詰めたほうが外れにくいです。

丸いピーマンの方が外れにくいです。

あまり気にしなくても味は変わらないです。

STEP5

フライパンに油を引き、ピーマンの皮の面から焼いていきます。

肉が縮んでピーマンから外れたりしますが、気にせず蓋をして、弱火で5分ぐらい焼きます。

市販のハンバーグは脂身が多いので、やはり自分で赤身のひき肉で作った方が外れにくいです。

火が強いとピーマンが焦げます!これだけは食べられなくなるので注意。

ひっくり返して様子を見ようとすると肉が外れます!

油がたくさん出て跳ねるので気をつけて!

STEP6

焼けてきたらひっくり返します。

もう一度蓋をして3分ほど焼きます。

表に返し、赤っぽい汁がでなくなったら焼き上がり!お皿に移します。

STEP7

フライパンに残った肉汁と油に、ケチャップとソースを2、3周入れて煮詰めます。

油が多すぎたら先に捨てて下さい。

STEP8

焼き上がりはこんな感じ。

やっぱり肉が縮んでいますね……(´・ω・`)

でもソースをかけるとわからなくなりました!

熱々はとても美味しいです!

もしも生焼けだったらレンジであたためて下さい!

おわりに

いかがでしたか?

もしも肉詰めが面倒だったら、ミニハンバーグと付け合せの焼き野菜にしてみてください。ピーマンのほか、なすをつけあわせても美味しいですよ!

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。