1. 料理
    2. 鮎の苦みを消す調理法(イタリアンな鮎の塩焼き)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    鮎の苦みを消す調理法(イタリアンな鮎の塩焼き)

    鮎はウロコを取らず、はらわたを出さず、簡単に気持ち良く調理ができる魚なんですが、ちょっと塩焼きにも飽きてきた方や、はらわたの匂いが苦手な方にお勧めの調理法です。

    用意するもの

    2人前の食材です。

    • 鮎(人数分)

    • バルサミコ酢(大さじ4~5杯)

    • 塩(適量)

    • オリーブオイル(適量)

    • パプリカ(1/2個)

    • レモンやパセリなど香りのあるもの(適量)

    鮎の調理をします

    • フンを肛門から出す

    • 鮎のあごを外す、または取る

    • エラを柔らかくします

    顎を外すと見た目は損ないますが、顎の後ろにある内蔵に火が通ることで、内蔵の苦みを消すことが出来ます。
    • 全体に薄く塩をまぶして、焼き網に乗せ、はらわたの近くに(頭の後ろ)オリーブオイルをキリフキで吹きかけます。今回はよく馴染む様に、はらわたの近くに切れ目を入れました。

    • こんがり茶色くなるまで焼きます
    踊り串は今回は使用しないので、ヒレへの飾り塩はいらないです

    バルサミコ酢をかけて出来上がり

    • 電子レンジでバルサミコ酢をちょっとだけ加熱します

    そのまま酢漬けでも、美味しいのですが、加熱することで味がまろやかになります。
    • パプリカや盛りつける野菜を軽くいためて、焼き上がった鮎に盛りつけます
    • 最後にバルサミコ酢を鮎全体にかけて出来上がりです

    顎が無いので、見た目はちょっと怖いですが、はらわたの香りも楽しめるので、お子様にもオススメです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人