\ フォローしてね /

スターバックスで自分のマグカップやタンブラーでドリンクを飲む方法

スターバックスで持参したカップやタンブラーでドリンクを注文したことはありますか?

「周りにやっている人がいないので頼みづらい」「どのぐらいの量を注文していいのかわからない」など、ちょっとした気恥ずかしさから、タンブラーを持っているけど注文したことはない、という方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、スタバでタンブラーを持参してドリンクを注文する方法を紹介します。

本記事は、スターバックスのご協力により、2012年に執筆されたものです。

タンブラーでの注文方法

STEP1:タンブラーを持参する

持参したタンブラーをレジに持っていきます。

タンブラーのサイズは、スターバックスのドリンクカップサイズに合わせて、ショート(240ml)、トール (350ml)、グランデ(470ml)、ベンティ(590ml)4種類あります。

タンブラーを購入する際には、自分がよく飲むサイズを選ぶようにしましょう!

STEP2:注文する

ドリンクを注文します。

STEP3:持参したタンブラーを渡す

「サイズはどうしますか?」と聞かれたら、「これでお願いします」と言って、自分のカップまたはタンブラーを差し出します。

フタは外して自分で持っておき、タンブラー本体のみ渡しましょう
容量が大きいサイズのタンブラーには、それに入るショート等も注文できます

STEP4:入れてもらったドリンクを受け取る

自分のカップやタンブラーを使えば、出来上がったのが自分のドリンクだと簡単に見分けられるため、受け取るときも非常に便利です。

カップやタンブラーを使うメリット

20円引きになる!

自分のタンブラーやマグカップでドリンクを作ってもらうと、資源(ゴミ)節約のお礼として、20円引きになります!お得ですね!

フタ(リッド)があるからこぼれにくい!

タンブラーにはフタがついているため、こぼれにくいです。

たとえば、買ったコーヒーをオフィスで飲みたいために手持ちで移動しなければならない場合には、非常にオススメです。

保温・保冷性が高い!

ゆっくりと飲んでも冷めずらいなど、温度を保ちやすくなります。表面に水滴がつきにくくなるため、熱いものも冷たいものも持ち運びやすくなります。

いろいろなデザインを楽しめる!

タンブラーにはさまざまなデザインのものがあります。中には県や街にちなんだ、その土地でしか手に入らないご当地タンブラーなるものも。ぜひ自分だけのお気に入りのデザインを見つけましょう!

おわりに

ここでは、自分のタンブラーで飲み物を飲む方法を紹介しました。20円割引になったり資源節約になったりと、いろいろといいところがあるのでやってみてくださいね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。