\ フォローしてね /

缶ビールをお店のように美味しそうに注ぐ方法(動画あり)

このライフレシピのもくじたたむ

お店で飲むビールって、キンキンに冷えていて泡がフワッフワですごくおいしいですよね。あのこんもりと乗ったカプチーノみたいな泡が家庭でもできちゃうってご存知でしたか?

家でもできる、お店のようなビールを注ぐ方法を紹介します。

用意するもの

  • ビール

どんなタイプでも問題ありません。自分の好きなビールを用意しましょう。缶ビールではなく、瓶ビールでももちろん実践可能です。

  • グラス、タンブラー、ジョッキ

こちらも専用のグラスやタンブラーでなくても構いませんが、こだわりのある方はビールグラスなどを用意しましょう。より雰囲気が出て、美味しく飲めますよ!

動画で解説

やり方

STEP1:ビールとグラスを冷やす

ビールとグラスは冷蔵庫で冷やしておきます。緊急の場合は冷凍庫でも大丈夫です。

グラスは凍らせても割れない素材のものを冷やしましょう。

STEP2:グラスを置く

グラスは持ったり、斜めに傾けたりせずに垂直に置きます。

STEP3:8分目くらいまで注ぐ

1回目の注ぎは勢いよく、泡を立てるように高い位置からグラスの8分目くらいまで注ぎます。

STEP4:泡が落ち着くのを待つ

荒い泡が落ち着くまで少し待ちます。

STEP5:グラスのふちまで注ぐ

2回目の注ぎはグラスのふち(グラスいっぱい)までゆっくりと注ぎ、また泡がおさまるまで待ちます。

STEP6:3回目の分を注ぐ

3回目の注ぎは、泡をグラスの上まで持ち上げるように注ぎます。

グラスの中心へと慎重に注ぐと泡が高く盛りあがっていきます。

完成!

完成です。泡が盛りあがっていて、見た目にも美味しさが伝わってきますね!

ビールと泡のバランスが7対3となるように注ぐと、口当たりが良く、のど越しも楽しめるので、ぜひお試しください。

Twitterで紹介!

(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。