\ フォローしてね /

カクテルの分類方法と覚えておきたい代表的カクテルまとめ

本格的なバーにはメニューがないこともしばしば。

はじめて行くときには基本的なカクテルを覚えておきたいもの。

ごくごく基本的なカクテルをご紹介しますので、参考にしてみてください。

カクテルの種類

カクテルの種類は、

  • ベースとなる酒
  • ロング、ショートなど
  • 飲む状況

などによって分類することができます。たとえば、以下のような分け方になります。

ベースとなる酒による分類

ジン、ウォッカ、ラムなどのスピリッツやウィスキー、ワインなど、カクテルを作る際に主体とする酒によって分類する方法です。

ロング、ショートなどによる分類

タンブラーなどの大きなグラスで時間をかけて飲むのか、カクテルグラスを使って短時間で飲むのか、などによる分類する方法です。

飲む状況による分類

食前に飲むアペリティフ・カクテル、食後に飲むアフター・ディナー・カクテル、時間帯を選ばないオールデイ・カクテルなど、食事との関係から分類する方法です。

覚えておきたい基本カクテル

ここでは、もっとも一般的なカクテル分類である「ベースになるお酒による分類」を使って、ベースのお酒ごとに代表的なカクテルをご紹介します。

自分の好きなカクテルのベースが分かれば、同じベースのカクテルを頼めるのでよりカクテルを楽しめますよ!

ジンベースのカクテル

  • マティーニ
  • ギムレット
  • アラウンド・ザ・ワールド
  • シンガポール・スリング

ウォッカベースのカクテル

  • モスコーミュール
  • 雪国
  • ブラッディ・メアリー
  • チ チ

ラムベースのカクテル

  • X.Y.Z.
  • キューバリブレ
  • モヒート
  • ホットバタードラム

テキーラベースのカクテル

  • マルガリータ
  • テキーラサンライズ
  • マタドール
  • ライジングサン

ブランデーベースのカクテル

  • アレキサンダー
  • ニコラシカ
  • ホーセズネック
  • ビトウィーン・ザ・シーツ

ウィスキーベースのカクテル

  • マンハッタン
  • ウィスキー・サワー
  • ミントジュレップ
  • ロブロイ

ワインベースのカクテル

  • キール
  • ベリーニ

さいごに

いかがでしたでしょうか。しかし、ここで紹介したのはほんの一部です。

もっと知りたい方はカクテルブックなどを読んでみるとよいでしょう。

(Photo by 足成

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。