\ フォローしてね /

チーズの分類と代表的チーズまとめ

nanapi

皆さんはチーズにどのような種類があるのか知っていますか?

まずチーズはプロセスチーズとナチュラルチーズに分けられます。

プロセスチーズはナチュラルチーズを粉砕・加熱して、溶かし、乳化した、人口的に作られたものなのはお分かりだと思います。

しかし、本当に難しいのはナチュラルチーズの場合です。ナチュラルチーズはその製法やミルクの種類によって分類されると上に、産地などによってもいろいろあります。

ここではナチュラルチーズの分類の仕方と、種類ごとの代表的なチーズをご紹介します。

チーズの分類と代表的チーズ

1:白カビチーズ

チーズの表面に繁茂する白カビによって外側から熟成が進んでいくチーズです。熟成の度合いは触感などで判断します。熟成しすぎるとアンモニア臭が漂います。

【代表的なもの】

  • カマンベール・ド・ノルマンディ
  • ブリー・ド・モー
  • パヴェ・ダフィノワ
  • ヌシャテル

2:ウォッシュタイプチーズ

熟成の間、塩水を表面にかけることで菌の発生を促し、粘りのある湿った外皮を作るチーズです。表皮を洗うチーズと考えるとよいでしょう。

中はクリームのように非常にやわらかいのが特徴です。

【代表的なもの】

  • ポン=レヴェック
  • リヴァロ
  • ピエ・ダングロワ
  • モン=ドール
  • ラングル
  • ルブロッション

3:青カビチーズ

チーズの断面が大理石のようにカビが点在しています。青カビによる特徴的な風味と強めの塩分があいまってとても個性的な味になります。

青カビの熟成度合いによって、ドルチェ(熟成弱めでマイルド)ピカンテ(熟成強めでピリッと刺激的)とあります。

【代表的なもの】

  • スティルトン
  • ゴルゴンゾーラ
  • ロックフォール
  • フルム・ダンベール
  • カンボゾラ
  • クラッハー・グランクリュ
  • カブラレス
  • ダナブルー

4:フレッシュチーズ

フレッシュは“新鮮な”という意味ではなく、“熟成過程を経ない”という意味です。チーズが凝固した後、すぐに市場に出荷されるため、熟成を行いません。

【代表的なもの】

  • モッツァレラ
  • フロマージュ・ブラン
  • クリームチーズ

5:半硬質チーズ

チーズを成形する際に、プレスして圧をかけ、しっかりとした形にします。表面をウォッシュタイプと同じように洗ったり、樹脂でコーティングしてチーズ内部を保護しつつ熟成を行ったりします。

【代表的なもの】

  • チェダー
  • ゴーダ
  • カンタル
  • ラクレット
  • トム・ド・サヴォワ

6:硬質チーズ

半硬質よりもさらに硬いボディのチーズです。ミルクを長期間保存して食料とするための昔の人の知恵の詰まったチーズとも言えるかもしれません。

【代表的なもの】

  • パルミジャーノ・レッジャーノ
  • グリュイエール
  • コンテ
  • エメンタール
  • ペコリーノ
  • グラナ・パダーノ
  • アボンダンス
  • ボーフォール

7:シェーブル(ヤギのチーズ)

ヤギチーズはその性質から大きなサイズを作ることはできません。モロい組織しか形成することができないのが、その理由です。このチーズだけは製法ではなく、ヤギのチーズというミルクによって分けるのもその特徴からです。

見ためが黒いものが多い上に味も野趣あふれる特徴的な味なので、かなり好き嫌いが分かれるチーズです。どこかでお試しで食べてみてから購入することをオススメします。

【代表的なもの】

  • サント=モール・ド・トゥレーヌ
  • セル=シュル=シェール
  • クロタン・ド・シャヴィニョル

チーズ専門店で色々聞いてみよう

実は、チーズにも旬があります。そのためいつお店に行っても手に入るかわからない上に、どの店に置いてある訳でもありません。

安全なのは、チーズ専門店に行って自分が食べたいチーズがあるかどうか聞いてみることでしょう。

またチーズ専門店ならば温度管理もしっかりとされているので、品質的にも問題ないと思います(その分、値段ははりますが…)。

ぜひさまざまなチーズを食べて、自分好みのチーズを探してみてください。

(image by PIXTA)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。