\ フォローしてね /

カビから守る!食パンの保存方法

賞味期限の短いパン。それだけでなく梅雨時期となるとパンはカビやすいので早めに食べてしまいたいところ。でも食べきれなかった食パンは冷凍保存することが可能です。

食べたくなったらトーストーすればパンのおいしさそのまま。食べきれなかった食パンを保存する方法を解説します。

用意するもの

- 残った食パン
- サランラップ

食パン保存のやり方

STEP1 残った食パン1枚1枚をサランラップで包みます。

サランラップを適量にカットし、食パンを包みます。
こうするのは冷凍時に霜などで食パン同士がくっついてしまわないためです。

STEP2 そのまま冷凍庫で冷凍する

冷凍庫の空きスペースへ入れ、冷凍します。
わがやで試してみた限り、2週間から1ヶ月は保存がききました。

STEP3 食べるときは、冷凍したままトースターへ

冷凍した食パンを食べるときはサランラップを外し、冷凍したままトースターへ入れ、トーストします。

一般のトーストと変わらない食感と味が楽しめます。

このとき、普通の食パンよりも長めにトーストするようにするといい焼き加減になります。

おわりに

ちょこちょこ買い物へ行くのが面倒な筆者はよくこの保存方法を活用します。食パンをカビから防ぐにもとても有効な方法ですよ。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。