1. 暮らし
    2. お財布へのお金の入れ方で気を付けていること

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お財布へのお金の入れ方で気を付けていること

    はじめに

    「お金の貯まる財布にしたい!」とはだれもが思うことではないでしょうか。「お金が貯まる財布」=「整理されている財布」。筆者がお金の入れ方で気を付けていることを紹介します。

    お財布へのお金の入れ方で気を付けていること

    お札を入れる場所

    筆者はラウンドファスナー型のお財布を使っています。その際に財布を開いたときにお札は見えない場所に入れています。1000円札から順番に入れています。こうしておくといくら持っているかが素早く把握できるのです。

    さかさまに入れたほうがお金が出ていきにくくなるとよく言われるので、筆者も何か月か試しました。ですがお金がお財布の中で逆さ吊りにされているようで少し苦しそうだったので今はそのままの方向でいれています。

    レシートを入れる場所

    レシートは開いた場所に入れることにしています。お札とレシートは一緒にすると片づけにくいので別々の場所にしています。

    そして、一日一回はいくら使ったかを把握するためにもレシートを取り出しています。レシートは必要事項を記録したら廃棄しています。

    カードは必要なものだけ持つ

    クレジットカードはよく使用するものだけを入れています。ポイントカードは1週間に1回程度利用する店のものだけを入れています。その他はお財布を厚くするだけなのでやめました。

    小銭は小銭入れで持つ

    小銭は小銭入れに入れて持っています。少額の支払いのときにお財布を取り出さなくても済むからです。でも小さいのでカバンの中でよく行方不明になっていました。

    そこでキーホルダー型の小銭入れを探してカバンに取り付けられるようにしました。小銭入れを探さなくてよくなるので大変便利です。

    おわりに

    お金もお財布のなかで居心地が良いほうがいいと思い、一日の終わりにはいらないもの(レシート類)を出して整理し、軽くふいて清掃を行っています。お財布の中身を整理して、把握しておくこと。それだけでずいぶん無駄遣いが減りましたよ。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人