1. 趣味
    2. 折り鶴の作り方

    折り鶴の作り方

    折り紙で鶴を折る方法をご存知でしょうか?国際交流のためのプロジェクトも存在する程メジャーになっている折り鶴。今さら、「折り方を知らないから教えてほしい」と友達に質問もできず、各種サイトを検索している方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、そういった方にぴったりの「折り鶴の基本の作り方」を紹介しています。日本人なら常識レベルで知っておきたい基本的な折り方は、恥をかく前に覚えておきましょう!
    nanapi
    このライフレシピのもくじたたむ

    鶴は何かと折る機会もあるものです。必要なときにさっと折れるように、練習してみましょう。

    鶴の折り方

    用意するもの

    • 折り紙1枚

    STEP1

    裏を上にして折り紙を置き、縦横に折り目をつけておきます。

    この手順は省略しても構いませんが、慣れないうちはここで折り目をつけておくと、分かりやすいです。

    STEP2

    三角になるように、半分に折ります。

    STEP3

    もう半分に折ります。

    とがった方を上にして置き直すとこうなります。オレンジの線が、STEP1でつけた折り目です。

    STEP4

    上の1枚をつまんで開きます。

    こんな形にします。角の位置が分かりやすいように、同じ色の丸で囲んでみました。

    そして、上の角と下の角を合わせます。

    STEP5

    裏返します。

    STEP6

    反対側と同じ要領で、袋を開いてつぶすように折ります。

    この時、写真のように、上側に開かない角、下側に開く角がくるように置きましょう。

    STEP7

    真ん中の折り目に合わせて折ります。

    両側を折るとこんな形になります。

    STEP8

    裏返して同じように真ん中へと折ります。

    STEP9

    上の三角の部分も折ります。

    STEP10

    しっかりと折り目をつけたら、開きます。

    オレンジの線は、上の三角を折ってつけた折り目です。ピンクの線は、左右を折ってつけた折り目です。ここからはこの折り目が重要です。

    STEP11

    上側の1枚をつまんで、オレンジの線で谷折りになるよう、上にあげていきます。

    横からみるとこんな感じになってます。オレンジの折り目を頼りにして折りあげます。

    STEP12

    上に持っていくと、自然と左右の紙が寄ってきます。

    寄ってきた紙を、真ん中にあわせて折ります。

    もう片方も折ります。

    STEP13

    裏返します。

    さっきと同じ要領で、折りあげます。

    両側を真ん中に合わせて折ります。

    この時、下の部分がこんな風に2つに分かれているのを確認しておいて下さい。上の部分は羽、下の部分は頭と尾になります。

    STEP14

    真ん中に向かって折ります。

    もう片方も真ん中に向かって折ります。

    STEP15

    裏返して同じように折ります。

    STEP16

    今折った部分の右側を1枚、本のページをめくるようにめくります。

    写真だと見辛いのですけれど、オレンジのところに折り目がついています。

    STEP17

    折り目がついているところが谷折りになるように、下の部分を上に折りあげます。

    赤の線を谷折りするようにして、めくったところを元に戻します。

    STEP18

    今度は左側をめくります。

    さっきと同じように、折り目のついている所を谷折りします。

    STEP19

    上から3分の1程度のところを、下に折ります。

    赤い線を谷折りするようにして、元に戻します。

    STEP20

    羽を開きます。

    写真を撮る都合上、片手で開いていますが、実際は両手で羽の部分を持って開いてください。

    STEP21

    折り曲げてある方の隙間に手を入れて、鶴の頭をつかみます。

    好みの角度まで頭を引き出します。

    角度を決めたら、曲げたところをぎゅっと押さえて固定します。

    STEP22

    羽の根元近くを両手で左右に広げて、形良く整えます。赤の部分がふっくらとふくらむように、力を加減して引っ張ります。

    鶴をひっくり返して、オレンジで囲んだ部分から息を吹き込んで、ふくらませても良いでしょう。

    完成!

    これで完成です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人