\ フォローしてね /

小さなお子さまでも食べられる、苦くない甘夏マーマレードの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

いろんな果物のジャムがありますが、マーマレードは苦みからか敬遠されることも多いようです。

ここでは、小さなお子さまでも食べられる、苦みのない甘夏マーマレードの作り方を紹介します。

用意するもの

  •  甘夏 6個(無農薬栽培のもの)
  •  砂糖 700g

    ##STEP1 甘夏をきれいに洗い、皮をむきます。

    ##STEP2 甘夏の皮を小さく刻み、鍋に入れます。

    ##STEP3 皮をゆでて沸騰させ(=ゆでこぼし)、ざるでこします。この作業を皮に苦みがなくなるまで、3~4回繰り返します。

    ##STEP4 甘夏の薄皮をむいて実を取り出します。

    ##STEP5 皮の入った鍋に実を入れて火にかけます。実から水分が出てきます。

    ##STEP6 皮が好みのかたさになったら、砂糖を2~3回に分けて入れ、煮詰めます。

    ##STEP7 少しゆるめで火を止めて冷まします。冷めるとかたくなります。

    ##STEP8 きれいなびんに入れてできあがり。冷凍保存もできます。

    ##おわりに 甘夏6個の皮を刻み、実をむく作業は手間がかかりますが、できあがりのおいしさは格別です。お子さまと一緒に作ってみてください。パンにぬるだけではなく、料理やお菓子などにも使えますよ。

レモンなどでもできるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。