\ フォローしてね /

鰻にも負けない美味しさ!さんまの蒲焼き丼のレシピ

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

脂がのっている鰻丼は美味しいですね。あのタレの味がより美味しくさせていますよね。 鰻は高級魚で、そんなには食べられないのでもっと手軽な魚で蒲焼きを作ってみたらどうでしょうか。 ということで今回は筆者が手抜き料理でよく作るさんまの蒲焼き丼の作り方を紹介します。秋が旬の魚ですがい長いシーズン売られている大衆魚。安くて簡単なのに予想以上のご馳走丼になりますよ。 ##材料 (2人分)

  • さんま 2尾
  • 白ゴマ 大さじ2~3
  • ネギ 適宜
  • 小麦粉 適宜
  • 塩 少々

タレ

  • 酒、水 各大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1強
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1/2

「さんまの蒲焼き丼」の作り方

STEP1:さんまを三枚におろす

頭を落とした後、腹側に切り目を入れて内臓を取り、さっと洗います。

腹側から指を入れて背骨の上に包丁がくるようにして、そぐようにそのまま尾の方にすーっと動かします。

次に背側からも同様に骨の上を斜めに包丁を動かしていきます。

包丁を寝かせるようにして腹骨(やや長めの骨)をそぎ取します。 CHECK:さんまの骨は細いので気にならない人は腹骨は取らなくても大丈夫です。

これで下ごしらえは終了。水気を取っておきましょう。 ###STEP2:さんまを半分に切り小麦粉をまぶす

さんまを半分に切り、塩少々を振って小麦粉をまぶします。

STEP3:タレを用意する

水、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を合わせてタレを用意しておきます。

STEP4:さんまを焼く

フライパンに油を敷きさんまの身の方から焼く。焦げ目がついたらひっくり返して皮の方も焼きます。

STEP5:タレを流し入れ全体にからめる

火が通ったらタレを流し込み、やや中火にしてさんまを返しながらよくからめます。

完成!

アツアツのご飯にさんまを並べ、タレをかけてから白ゴマと白髪ねぎを盛り付けて出来上がり。

補足

魚の三枚おろしは筆者の我流ですが、アジやさんまならこのやり方で簡単にできます。太い骨がない分、大雑把にやっても大丈夫です。

少しの手間で美味しい蒲焼きが作れます。是非お試し下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。