1. 料理
    2. 円すい形ドリッパーでコーヒーを淹れる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    円すい形ドリッパーでコーヒーを淹れる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    コーヒーにはさまざまな器具と淹れ方がありますよね。自宅で美味しいコーヒーを淹れたいけど、どんなドリッパーを使えば良いか悩んでいる方はいませんか? ここで筆者がオススメするのは、円すい形ドリッパーを使用する方法です。ペーパーフィルターを使いながらネルドリップに近い抽出ができ、手軽に本格的なコーヒーを楽しめます。

    準備するもの

    • コーヒー豆(レギュラーコーヒー用に挽いたもの)
    • 円すい形ドリッパー(ハリオV60、コーノ式など)
    • コーヒー用メジャースプーン
    • 円すい形ペーパーフィルター
    • やかん(普通のやかんでも大丈夫)
    • サーバー(コーヒーカップ2杯以上淹れるときに)
    • カップ

    コーヒーの淹れ方

    STEP1:お湯を沸かし、ペーパーフィルターにコーヒー豆をセットする

    まずはやかんでお湯を沸かして下さい。この間にペーパーフィルターとコーヒー豆をセットしましょう。

    次はペーパーフィルターをドリッパーにセットしやすい形に折ります。つなぎ目と反対側の折れ目を重ねて折りましょう。下の写真を参考にして下さい。

    フィルターをドリッパーにセットしたら、コーヒー豆を入れます。コーヒーカップ1杯あたりメジャースプーン1杯が目安です。2杯以上淹れる場合はドリッパーの下にサーバーをセットします。(1杯の場合はそのままカップの上にドリッパーをセットすると簡単です。)

    STEP2:コーヒー豆を蒸らす

    お湯が沸いたらコーヒー豆に向かって、豆全体が湿るように注ぎます。コーヒー豆が湿った所で、いったんお湯を注ぐのをやめ、豆を蒸らします。蒸らし時間は30秒程度です。

    STEP3:少しずつお湯を注ぐ

    コーヒー豆の蒸らしが終わったら、中心から外側へくるくる円を描きながらお湯を注ぎます。このときフィルターに直接お湯がかからないように注意します。注ぐお湯はなるべく細く出るようにします。

    抽出したコーヒーが人数分になったらサーバーからドリッパーを外します。

    おわりに

    筆者が初めて円すい形ドリッパーを使った時、いつものコーヒーより香りが良く淹れれたことに驚きました。(※個人的な感想です) 最近では百貨店などのコーヒー器具エリアに、円すい形ドリッパーを取り扱っているお店も増えていますね。カラフルな色のものもありますので、選ぶのも楽しいかと思います。ぜひ試してみてくださいね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人