\ フォローしてね /

掃除のやる気を出すポイント

はじめに

掃除はなかなかやる気が出にくいものです。

「後でやろう」を繰り返しているうちに気付けば簡単に汚れが落ちなくなっていたり。そうなってしまうと、ますますやる気をなくしてしまいます。

今回はそんな時に筆者がよく実践している「掃除のやる気を出すポイント」を紹介します。

掃除のやる気を出すポイント

場所を絞る

一度に全部やろうと考えると、どこから手をつければいいのかわからなくなってしまうことがあります。

そんなときは綺麗にする場所を前もって1つ決めておきましょう。例えば机の上や台所のシンクなど、1時間かからない程度の小さな範囲に絞ることがオススメです。

1ヵ所が綺麗になると達成感もあって、自然と次のやる気に繫がっていきます。

時間を絞る

綺麗にはしたいけれど時間がとれない、という方も多いと思います。

これには「今日は10分掃除をする」など、制限時間をつくってみましょう。ちなみにこの時間内に完全に綺麗にする必要はありません。これなら隙間時間も有効に活用できます。

慣れてきたら「1日10分は掃除をする」みたいに日課にしても良いかもしれません。

完璧を目指さない

完璧に綺麗にしようと思うと、ハードルが上がって途中で挫けてしまいます。

だいたい綺麗になったら、「前より綺麗になったし、これ位で良いか。」くらいで割り切りましょう。これも非常に大切です。

目的を持つ

なぜ掃除するのか、目的を持つことも大切です。

「お客様を家に招きたい」でも良いですし、「気に入った置物や写真たてなどを飾りたい」、更には「新しい掃除道具を買ったから使ってみたい」なんていうのもありでしょう。

目標があると自然とやる気が湧いてきます。

おわりに

掃除は不思議なもので、ひとつ綺麗になると、もうひとつと、どんどんやりたくなってきます。その繰り返しでいつの間にか全体が綺麗になっていきます。

掃除をしないといけないなとは思っているものの、なかなか手を付けられないという人もいるかもしれません。そんな人も是非、今回紹介したポイントを一度試してみてください。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。