\ フォローしてね /

プロの技に一歩近づく!パラパラなチャーハンの作り方のコツ

中華料理店のようなパラパラのチャーハン。誰でも一度はあこがれたことがあるのでは?でも家庭で再現しようとしてもなかなかプロのパラパラ感には届かないんですよね。

今回は筆者が実践している、家庭で出来る方法でプロのパラパラチャーハンに少しだけ近づくことのできる方法をご紹介します。

用意するもの

材料(大盛り2人前)

  • ごはんお茶碗3膳分
  • 卵2個
  • ご飯用の味付け)顆粒コンソメor中華スープの素 袋の表記の量
  • ご飯用の味付け)塩適量
  • ご飯用の味付け)黒コショウ少々
  • 醤油少々

パラパラなチャーハンのコツは水分を加えすぎないこと水分を飛ばすこと。具材は卵だけの方がパラパラになりやすいですよ。

卵以外の具材をいれる場合でも、できる限り水分の少ないものを選びましょう。

チャーハンをパラパラにする方法

STEP1 調味料は計って用意しておく

具材を入れる場合はあらかじめ切っておきます。同時に具材用のお好みの調味料を用意し測っておきましょう。

ご飯に火をいれ始めたら手早く仕上げるのがパラパラにするコツです。もたつかないよう準備できることはすべて準備しておきます。

STEP2 ご飯は卵ご飯に

卵をボウルに割り入れ、ご飯用の味付け(コンソメ・塩・黒胡椒)を加えます。

卵を解きほぐしたらご飯を加えて、卵かけごはん状態に。米一粒一粒に卵がコーティングされるようまんべんなく混ぜます。

米粒を潰さないよう、粘らせないように切るようにしゃもじをいれて混ぜましょう。

STEP3 強火でふってじっくり炒める

フライパンを強火で十分に温めます。サラダ油を適量いれてさらに温め、STEP2のたまごご飯をフライパンに広げながら入れます。

そこからはとにかく手早く!フライパンを振りながら強火で手早く炒めます。フライパンを振ってご飯が多少飛んでしまっても気にしてはいけません。とにかく手早くです。

4回振ったらご飯を少し押すように焼き付けて、また4回振ったら焼き付けて…を10回くらい繰り返しましょう。まだパラパラ加減が足りない場合は、好みのパラパラ加減になるまでこの工程を繰り返します。

焼き付ける時は押し付けすぎないように。米を潰してしまわないように気をつけましょう。

炒めれば炒めるほどパラパラになっていきますが、あまりパラパラを求めすぎると水分が飛びすぎてしまい、お米のふっくら感を損なってしまうことも。やり過ぎは禁物ですよ。

STEP4 パラパラになるまで耐えてから具と調味料を

お好みのパラパラ感がでたら、最後にお好みの具材と具材用の味付けを。仕上げに香り付程度の醤油を少々、ご飯を寄せてフライパンの鍋肌へ加えましょう。

液体の調味料はご飯に直接かけないこと!せっかく水分を飛ばしてパラパラになったチャーハンがしっとりしてしまいます。

おわりに

いかがでしたか?自分でパラパラなチャーハンを作ることができるとちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

しっかりパラパラとしたチャーハンもおいしいのですが、筆者は個人的にはお米の表面はパラパラだけど噛むとふわふわっとしているチャーハンが大好き。

炒め時間を調節すればそんな好みのチャーハンも作れてしまうのでぜひ何度も試して自分好みのパラパラさを見つけてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。