1. コミュニケーション
    2. お見舞いに花を贈るときに気をつけるべきポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お見舞いに花を贈るときに気をつけるべきポイント

    お見舞いとして、最もよく贈られるものといえば花です。しかし、花ならば何でもよいというわけではなく、マナーや「これはNG」という注意点もいくつか存在します。今回は、お見舞いに花をもって行くときの注意点とポイントを紹介します。

    花を贈る時期

    お見舞いに花を贈るときは、予め相手の様子を聞いておきましょう。入院直後や手術の前後は避けるのが一般的です。また、病院によっては生花を持ち込めないところもあります。

    また、贈る時期は、病状が落ち着いて回復に向かい始める頃が最適です。

    こんな花はNG!

    続いて、お見舞いに持っていってはいけない花を挙げていきます。

    鉢植え

    鉢植えには根があります。根付く→病院に根付く、つまり入院が長引くことを連想させるため、マナーとして持って行ってはいけないとされています。

    散るときに花先が一気に落ちる花(椿など)

    椿は、花びらが散るのではなく花の部分が一気に落ちます。首が落ちるように解釈できることから、死を連想させるのでNGです。

    真っ赤な花

    赤い色が、血を連想させるので避けましょう。

    香りの強い花

    花は多くの場合ベッドのそばに置かれます。相手のために香りの強い花は避けましょう。相部屋の場合、同じ部屋の人全てに迷惑がかかってしまうので注意が必要です。例えば、蘭や百合などは、花は豪華ですが香りがキツいためNGとされています。

    その他

    •   お墓に備えることが多いので失礼とされています。
    • シクラメン  シク→死苦、死や苦しみを連想させるので避けましょう。

    迷ったときは

    以上で見てきたように、お見舞いに適さない花も意外と多いです。何を贈ったら良いのか迷うこともあるかもしれません。

    そんなときは、花屋で「お見舞い用であること」、「予算」、「相手の好みなど」を伝えましょう。それにあわせて選んでくれます。

    また、花束は、相手に花瓶を準備してもらう必要があり、迷惑になってしまうこともあります。お見舞いとしては、花かごに入っているものやアレンジメントがオススメです。

    おわりに

    殺風景な病室も、花があるだけで心が和みます。ルールやマナーといった形式も必要ですが、相手を思う気持ちを大切に、素敵な花を選んで下さい。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ