1. 趣味
    2. 「かんたん蝶結び」は本当に簡単!浴衣帯の結び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「かんたん蝶結び」は本当に簡単!浴衣帯の結び方

    夏になると、タンスにしまっていた浴衣を取り出して、夏祭りに出かける方も多いはず。浴衣の柄や草履、帯の色味を合わせてコーディネートすれば、準備万端!綺麗に浴衣が着こなせると、より一層イベントに参加するのが楽しみになりますよね。今回は、意外と簡単に自分でできる帯の結び方をご紹介します。「どの隙間に帯を通すと綺麗な結び目ができるのか?」といった分かりづらい部分を、結び方のステップに沿って補足説明しているので、夏の予定に備えてチェックしておきましょう。

    「自分で結ぶのは難しそう」「いつも同じ結び方しかできない」...帯結びは覚えてしまうと意外と簡単です。慣れてくれば別のバリエーションをマスターして、いつもと違った雰囲気を楽しみましょう!

    ※画像はイメージです。
    ※イメージ画像が新しくなりました。(2014/07)
    ※テキストの文章を一部修正しました。(2014/07)

    本記事は、yukatamusubiのご協力により、2012年に執筆され 2014年に更新されたものです。

    用意するもの

    • 浴衣
    • 浴衣スリップ
    • 腰紐
    • コーリンベルト
    • 伊達締め
    • 前板
    • 半幅帯(小袋帯やへこ帯でもOK)
    • ピンチ(洗濯ばさみでもOK)

    STEP1 手の長さを決め、胴にふた巻きします

    手の長さを約50cm程度とって二つ折りにし、輪を下にして前に合わせ、ピンチで衿元に止めておきます。 胴に巻く前に、図のようにたたんでから胴にふた巻きします。巻き終わりに一度キュッと引いておくと、帯がゆるみにくくなります。

    STEP2 手の帯をひと結びします

    帯をひと結びする前に、たれを斜めに折り上げると、結び目がかさばりにくくなります。 巻き終わりのたれを斜め内側に折り上げ、手を上にかぶせて下からくぐらせ、ひと結びします。手が上にくるよう、結び目をクロスしてねじ上げます。

    STEP3 巻きだたみをします

    たれ先から巻きだたみし、羽根を作ります。ひと巻き目は約25cm程度、ふた巻き目は約35cm程度と、羽根の大きさを変えてたたみます。

    STEP4 羽根をつくります

    ひと巻き目の羽根を約5~7cmずらしておきます 。

    STEP5 山ひだをつくります

    帯幅の中央に山をつくり、両サイドを折り上げて山ひだをつくります 。

    STEP6 羽根に手をひと巻きして手先を差し込みます

    羽根の中央を結び目に合わせ、手を上からかぶせ、ひと巻きしてキュッと引きます。手を胴に巻いた帯の内側に差し入れ、下から引き出して余りは内側に折って胴の中にしまいます。

    STEP7 羽根を整えます

    内側の小さな羽根を、左右それぞれ引き出し、山ひだを整えながら、バランスを調節します。

    STEP8 帯を後ろへ回します

    帯を持ち、右から後ろへ回します。逆方向に回すと、えり合わせがくずれるので注意しましょう!

    STEP9 前板を入れます

    前板を入れる事によって帯周りがスッキリ!帯が崩れにくくなります。

    STEP10 蝶結びの出来上がり

    羽根を広げてしわを伸ばし、より華やかに見せましょう。開いた羽根が愛らしい、簡単で華やかな蝶結びの結び方です。

    おわりに

    蝶結びは帯の羽根が蝶々のようで可愛い帯結びです。若々しく愛らしい後ろ姿を演出できます。

    当日に初めて結ぶと、手順がわからずに慌てたり、上手く結べない場合があるので、前日までに一度練習しておくのがオススメです。

    関連記事

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ