1. 趣味
    2. YONEXバドミントンラケットのケア方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    YONEXバドミントンラケットのケア方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    道具を長く使うコツはしっかりとケアをすることです。

    これはバドミントンのラケットも例外ではありません。一見、丈夫そうに見えますが、とても微妙なバランスでできているスポーツの道具は、なるべく外部からの衝撃が少ないように保つのが基本です。

    以下のような点に注意して、ラケットの適切なケアをしましょう。

    本記事は、YONEXのご協力により、2012年に執筆されたものです。

    ラケットのケア方法3つ

    持ち運ぶときはケースに入れ、外部との接触を少なくする

    ラケットのシャフトはかなり細いので、扱いには充分な注意が必要です。最近ではカーボン素材なども使っているため、ちょっとやそっとの衝撃では壊れませんが、無用な衝撃からは守って変形や折れるリスクを軽減してあげましょう。

    ストリングの一部が切れたときは、早めにストリングを切る

    ストリングが切れた場合、強く貼っていると切れたところから変形がはじまります。結果、ラケットのバランスが崩れてしまうので、切れたら早めにストリングを切って張力から解放してあげましょう。

    グリップにはグリップテープを巻く

    グリップは、テープを巻いていないとすごく汗をかく人の場合、そのまま放置しておくと、中までしみ込んで内部が傷んだりニオイが強くなってきたりします。

    汗をかきやすい人は、グリップにテープを巻き、適度になったら交換するようにしましょう。

    また、グリップテープにはいろいろな素材があるので、自分好みの素材感や機能を持ったグリップテープを選ぶこともできます。

    さいごに

    経験が長くなるほど、道具の扱いは雑になってくるものです。適切なケアをして、なるべく購入時の状態を保つようにしましょう。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人