1. 料理
    2. 鯛のにゅうめんの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    鯛のにゅうめんの作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    素麺は夏の代表的な麺です。さっぱりしていて喉ごし良く夏には欠かせないものですね。冷たい麺だけではなく暖かくして食べる方法もあります。

    にゅうめんは「煮麺」が訛ったものでつゆで煮込んで食べるもの。筆者は子供の頃から魚と一緒に炊いたものをおかずとして食べていました。

    今回は鯛の旨味がたっぷりしみ込んだにゅうめんの作り方を紹介します。

    材料 (3人分)

    • 桜鯛(真鯛)約18cmのもの 3尾
    • 素麺 1束(11g)
    • しょうが 1片
    • 水 250ml
    • 酒 50ml
    • みりん 大さじ2
    • 砂糖 大さじ1/2
    • しょうゆ 大さじ2
    鯛は予め内臓とウロコを取ってあります。

    「鯛のにゅうめん」の作り方

    STEP1:鯛に熱湯をかけ臭みを取る

    ザルに鯛を並べて両面に熱湯をさっとかける。

    STEP2:鯛を煮る

    鍋に水をはりしょうがをスライスしたものと鯛を入れて沸騰させる。

    鯛は水から入れることで臭みを抜くことができます。

    沸騰したら調味料を入れて鍋をゆすりながら一旦煮立たせる。その後落としぶたをして中火~弱火で12,3分煮る。

    焦げ付かないように火加減に注意すること。

    STEP3:別の鍋で素麺をゆでる

    標準ゆで時間より短めに茹でる。茹であがったら流水でぬめりを取るように洗いザルにあげておく。

    STEP4:鯛を器に移し素麺をつゆで煮る

    いったん火を消して鯛を移したあと、煮汁に素麺を入れて再び中火で味をしみ込ませながら煮る。全体につゆがからまったら火を消す。

    鯛を出した後煮汁に骨などがないか確認すること。必要なら網でこしてください。

    完成!

    器に素麺を盛り付け、鯛の上から残った煮汁をかければ出来上がり!

    今回は小ぶりの鯛を丸ごと使っていますが、切り身でもできます。是非お試しください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人