1. 趣味
    2. JINSが教える!サングラスの基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    JINSが教える!サングラスの基礎知識

    サングラスはファッションアイテムとしてだけでなく、「眼の紫外線対策」や「肌の日焼け対策」など、眼や肌の健康を守る機能的な役割も果たしています。

    特に太陽の日差しがきつくなる夏には、ぜひともおさえておきたいアイテムです。

    ここではJINSが教えるサングラスの基礎知識を紹介します。知っているようで意外と知らないサングラスのあれこれを見て行きましょう!

    本記事は、JINSのご協力により、2012年に執筆されたものです。

    サングラスのパーツ

    サングラスの各パーツの名称と役割から最低限知っておきたい用語を紹介しています。

    1:リム(レンズの周りを囲む縁)

    レンズ上部のみ、あるいは下部のみにリムがついているものや、リムを完全になくしたものもあります。

    2:ヨロイ(リムと丁番をつなぐ部位)

    フロントの輪郭を握る部分なので、ブリッジとともにデザインのポイントとなる「智」とも呼びます。

    3:ブリッジ(レンズとレンズをつなぐ部位)

    メガネに衝撃が加わった際、もっとも負担がかかるため硬質な素材が使われるます。フロント中央に位置し、デザインの要でもあります。

    4:丁番(開閉時に可動するパーツ)

    バネ機能を持つもの、クッション構造を持つものなど、快適な装用のために様々な工夫が施されています。「蝶番」「ヒンジ」とも呼ばれます。

    5:クリングス(リムと鼻パッドをつなぐ部分)

    複雑なカーブにより高さや幅を調整します。プラスチック系フレームにはクリングスがないのが一般的。「パッド足」とも呼ばれます。

    6:テンプル(サイドからのルックスを支配する部位)

    頭の幅に合わせて広がるため、掛け心地に大きく影響を与えます。耐久性や弾力性が問われます。「腕」とも呼びます。

    7:ノーズパット(メガネを固定する部位)

    このパーツを調整することで掛け心地が大きく変わります。「鼻当て」ともいいます。

    8:モダン(耳あて用のカバー)

    加重がかかる箇所で、掛け心地の良さを左右します。「先セル」ともいいます。

    フレームの種類

    シャープで四角いフレームは知的な印象を与えるなど、フレームの種類によっていろいろな印象を持たせることができます。ファッションの雰囲気に合わせてサングラスを選ぶとよいでしょう。

    スクエア

    顔を引き締め、キリッとした印象になります。子供っぽい顔を大人っぽく演出できるでしょう。

    オーバル

    ナチュラルで柔らかな印象を与える楕円形・卵型のフレームです。クセがないので顔なじみも良く、どんなファッションや髪型にも合わせやすい形です。

    ティアドロップ

    表情を隠してニヒルな印象を与えるナス型・涙のしずく型のフレームです。セクシーなイメージを演出したい方にオススメです。

    その他(ビッグフレーム)

    顔を広く隠せるので有名人やセレブにも愛用され、小顔に見せる効果もあります。オシャレで個性的なイメージを演出したい方にオススメです。

    レンズのカーブ

    レンズのカーブにも種類があります。以下のように数字が上に行くにつれてカーブがきつくなっていきます。

    通常のメガネ:3カーブ

    JINSのサングラス:6カーブ

    JINSのサングラス:8カーブ

    どれが自分に合うの?と思われた方は、以下の記事を参考にしてみてください。

    おわりに

    JINSから知っているようで知らないサングラスの基礎知識を紹介しました。ぜひ参考にしてみてください!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人