\ フォローしてね /

手についた灯油の臭いを消す方法

このライフレシピのもくじたたむ

冬のファンヒーターや自転車のチェーン清掃などに灯油を使用するのですが、手につかないように気をつけていてもいつの間にか灯油の臭いというのはついてしまっているものです。

石鹸で手を洗ってもなかなか取れず困ることも多いのではないでしょうか。この記事では家にあるものを使って楽に臭いを取る方法をお教えします。

用意するもの

  • 食用油(サラダ油でもなんでもいいです。臭いのないもの)
  • ハンドソープ(食器用洗剤などでも大丈夫です)

手順

STEP1 匂いのついた手に食用油を垂らす

匂いのついた手に食用油を垂らします。量はそれほど沢山でなくていいです。

この後、手をこすり合わせるのですが、その時に食用油が手全体にいき渡る量であれば十分です。

STEP2 食用油を手全体になじまる

食用油を手全体になじませます。両手をしっかりとこすりあわせて食用油を手全体に塗り広げます。

灯油の臭いが手についているのは灯油が手についているからです。
灯油と食用油を手の上でこすり合わせることで同化させ、手から離れやすい状態にしています。

STEP3 ハンドソープを手になじませる。

食用油でピカピカになっている手にハンドソープを垂らし、先ほどと同じ様にしっかりとこすりあわせます。油分と洗剤がしっかり混ざるようにしましょう。

この手順は手についている油分(油+灯油)を手から分離させるためのものです。洗剤のなじませ具合が悪いと手に油が残ってしまいます。
ALERT:ここでは水は使いません。洗剤のみでこすりあわせて下さい。

STEP4 水、ぬるま湯で洗い流す

水、ぬるま湯で洗い流します。洗い流せば終了です。皮膚の弱い方は洗い終わった後にはハンドクリームなどで保護してあげましょう。食用の油やハンドソープ等を使用するのでダメージは少ないと思います。

おわりに

筆者もこれまでは石鹸を使ったりブラシで強く擦ったりして灯油の臭いを消していましたが、この方法を使えば手に優しく臭いを消すことができます。

是非お試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。