1. 趣味
    2. 初心者でもカンタン!サブウェイでの「おいしい」注文方法!

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    初心者でもカンタン!サブウェイでの「おいしい」注文方法!

    nanapi

    みんな大好き「野菜のサブウェイ」。ちょっとの工夫で、もっと野菜たっぷり、もっと美味しいサンドイッチが食べられます!

    常連風の注文方法を、さくっと紹介します。

    もっとおいしい、注文の仕方

    STEP1:キッチンカウンターの前に立つ

    まずは店員さんのいるキッチンカウンターの前に立ちます。

    サブウェイでは、自分好みのサンドイッチを、自分の目の前で作ってくれます。

    STEP2:どのサンドイッチにするかを選ぶ

    どのサンドイッチにするか、メニューから選びます。

    野菜は全メニュー同じものが入っていますので、「野菜以外に入っているもの」がメニュー名になっています。

    例)「えびアボカドください」
    基本の野菜しか入っていない「ベジーデライト」というメニューもあります。

    STEP3:パンを選ぶ

    パンは5種類。

    • ホワイト:ふんわり、小麦のあじ!
    • ウィート:ちょっぴり歯ごたえ。健康志向に。
    • セサミ:ゴマの香りたっぷり。
    • ハニーオーツ:ほんのり甘くて香ばしい。
    • フラットブレッド:平たくてもちもち。
    お店によっては「トーストしますか」と聞かれます。持ち帰りのときは硬くなってしまうのでそのままがおすすめです。

    STEP4:野菜の種類と量を選ぶ

    店員さんに「お野菜全部大丈夫ですか?」と聞かれます。

    ここが最大のポイント!

    サブウェイのサンドイッチでは「レタス」「レッドオニオン」「トマト」「ピーマン」「ニンジン」という5種類の野菜が基本で入っていますが、量は自由に調節できます。

    また、「ピクルス」「オリーブ」「ホットペッパー」という3種類のトッピングもあり、こちらも自由に選べます。

    例)「野菜すべて多めで。オニオンは少なめ。あ、もっと入れて大丈夫です。ピクルス特に多めで。あ、それくらいでお願いします」
    せっかく手もとが見えるカウンターキッチンなので、遠慮することなく!もちろん、苦手なものがあれば省いてもらうのもOKです!

    STEP5:ドレッシングを選ぶ

    最後にドレッシングを選びます。

    種類は「オイル&ビネガー 塩こしょう」「シーザードレッシング」「野菜クリーミードレッシング」「ハニーマスタードソース」「わさび醤油ソース」「バジルソース」「バルサミコソース」「マヨネーズタイプ」「チリソース(激辛)」の9種類。

    選ぶと言ってもドレッシングはメニューごとにおすすめがあり、最初から「このメニューのおすすめドレッシングは◯◯ですがよろしいですか?」と聞いてくれます。苦手なものでなければそのままがおすすめ。

    2種類のドレッシングをかけてもらうこともできるので、注文に慣れてきたらチャレンジしてみるのもありです。

    例)「ドレッシングはバジルソースと、チリソースも少しお願いします」
    やってみた人からの声バジルソースとマヨソースのダブルがけ、何にでも合うしおいしいよ!おすすめ!

    STEP6:注文完了!

    これで注文完了です。

    パンや野菜など選ばなくてはいけないところも、よくわからなかったら「おまかせで」でOK!きっとおいしく作ってくれます。

    セットメニューでジュースやポテトなども勧められるので、欲しい場合は注文しましょう。

    筆者のおすすめメニューはコチラ

    クリームチーズローストチキン

    やわらかく、しっかりした味のあったかいローストチキンにとろーりクリームチーズ。オリーブ多めがおすすめです。

    シーザーBLT

    王道!こんがりベーコンに、たっぷりシーザードレッシングとパルメザンチーズ。もちろんレタス多めで、塩コショウ追加がおすすめ!

    塩コショウは、シーザードレッシングかけているあたりで言いましょう。

    おわりに

    これで今日からサブウェイの常連さん風。カッコよくお野菜たくさん食べちゃいましょう。

    公式ページへのリンクはこちらから。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ

    Twitterで紹介!