\ フォローしてね /

女性必見!セコムが教える海・川・プールでの防犯対策

夏休みに、海や山、プールにお出かけの予定がある人もいらっしゃるでしょう。自然と触れ合うのは、とてもいいリフレッシュになりますよね。

でも、いくら楽しい時間で開放的になっても防犯対策だけはしっかりしたいもの。自然が相手だけに、防災対策も忘れなくしましょう!

ここでは、防犯対策のチェックポイントを紹介します。

本記事は、セコムのご協力により、2012年に執筆されたものです。

海・川・プールの防犯対策ポイント

海やプール、山に出かけたり、バーベキューをしたり、アウトドアで思い切り羽を伸ばすのは、気持ちのいいものです。準備も楽しいですよね。

水着や日焼け止め、虫除けなど、持ち物をチェックするときに、防犯対策も一緒にチェックしていきましょう!

チェックポイント1

現金はなるべく少額にし、クレジットカード・キャッシュカードなどの貴重品は最低限に。

チェックポイント2

普段のお財布ではなく、レジャー用のお財布や小銭入れを用意する。

チェックポイント3

常に身につけていられるように、防水の貴重品入れを利用する。

チェックポイント4

アクセサリーやバッグなどの持ち物は、なるべく高価なものを持ち歩かない。

チェックポイント5

コインロッカーがある場合、貴重品などはロッカーに入れる。

水辺の安全対策のポイント

夏の代表的レジャーであるアウトドアは自然が相手です。天候など、自然環境はいつ急変するかわかりません。防犯対策のみならず、防災対策も忘れずに行いましょう。

チェックポイント1

天候など環境の変化に注意する。

チェックポイント2

遊泳禁止区域では泳がない。

チェックポイント3

海ではライフガード、救護所の場所を確認しておく。

チェックポイント4

ボートなどに乗るときはライフジャケットを着用する。

チェックポイント5

体調が悪いとき、飲酒しているときは泳いだり、水辺で遊んだりしない。

おわりに

セコム働く女性の安全委員会」から女性の海・川・プールでの防犯対策を紹介しました。

夏のレジャーは楽しいことがいっぱい! でも、油断は禁物です。

このくらいなら大丈夫と油断せず、しっか安全対策して、楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。