\ フォローしてね /

こんな時どうする?セコムが教える女性のストーカー対策

このライフレシピのもくじたたむ

会社帰りにはコンビニに寄るのが日課になっているあなた。

家の近所やオフィスの近くのコンビニが行きつけになっていませんか? いつも来るあなたを、ストーカーが待ち構えているかもしれません……。

ここでは、日々の生活に潜むストーカーの危険と対策方法を紹介します。

ここでは一人暮らしの女性の生活に潜むストーカーの危険性と具体的な対策方法について紹介します。

本記事は、セコムのご協力により、2012年に執筆されたものです。

ストーカー対策

危ないポイント

ストーカーとは、好意や怨恨などの理由により、執拗に付きまとうなどの行為を繰り返すことです。

「好きになってしまった」「冷たくされた」という一方的な思い込みからストーカーに発展することもあります。

いつも同じ時間に同じルートを通っていると狙われやすい

毎朝のジョギング、会社帰りのコンビニ、ライフスタイルが確立している自立した女性に多い日課ですが、 毎日の行動がワンパターンにならないようにしましょう。

対策方法

女性側も日頃の言動には気をつけましょう! 意識次第で狙われる確率はグッと減ります。

行きつけの場所をなるべく作らない

コンビニなど行くお店を変えるようにし、「いつも来ているな」と目を付けられないようにしましょう。

帰宅時間を悟られない

マンションの外から、あなたの部屋の明かりが付く時間を確認しているストーカーがいるかもしれません。

遮光カーテンを引いておいたり、電気やテレビをタイマー設定でON/OFFできるプログラムタイマーなどを活用し、ライフスタイルを悟られないようにしましょう。

公共料金は自動引落し

水道・電気などの公共料金の払込票には個人情報が満載。コンビニ払いは手軽ですが、並んでいる間にあなたの住所などを盗み見られているかも……自動引落しをオススメします。

外出時には防犯グッズを

いざというときのために、防犯グッズを携帯しましょう!

防犯ブザーを持っていれば、恐怖で大声が出せないときでも、周囲に助けを呼ぶことができます。

夜道を歩くときは周囲を意識しながら足早に

万が一追いかけられたら自宅に逃げ込むのではなく、近くの交番やコンビニなどに逃げ込むようにしましょう。

また、よく使う道は特に逃げ場所を把握しておくようにしましょう。

人付き合いにも要注意

安易に自分の連絡先を教えたり、初対面の人と必要以上に親しくしたりすることは避けるようにしましょう。

エレベーターでも注意を

詳しくは以下の記事をご覧ください。

おわりに

セコム働く女性の安全委員会」から女性のストーカー対策を紹介しました。

深刻な被害に発展する可能性もあるストーカー問題。一人で悩まず、家族や友人に相談し、早めに警察へ相談するようにしましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。