\ フォローしてね /

こんな時どうする?セコムが教える女性の個人情報保護対策

このライフレシピのもくじたたむ

クレジットカードの支払い明細書やダイレクトメールなど、何気なく捨てていませんか?

それが他人の手に渡り、不正に利用されてしまうこともありますので捨てるときにも注意が必要です。

ここでは個人情報流出などの被害に遭わないために、日々の生活に潜む危険性と具体的な対策方法について紹介します。

本記事は、セコムのご協力により、2012年に執筆されたものです。

個人情報保護

危険なポイント

クレジットカードの明細書の扱い

CD/ATMコーナーなどのゴミ箱や家庭のゴミからカード利用明細書を拾い出し、その情報をもとに偽造カードを作成したり、インターネットショッピングの決済に利用されたりする事件が実際に起きています。

郵便物やゴミの扱い

ストーカーは自分勝手な好意がエスカレートし、郵便物やゴミなどをあさるなどして、個人情報を入手しようとします。その情報を元に、悪質なつきまといや、電話でのいやがらせ行為を始めるのです!

対策方法

個人情報はあなたの大切な財産です。犯罪に利用されないように、きちんと自分自身で管理をしましょう。

ごみ捨て

個人情報が記載された書類を捨てるときは、シュレッダーを利用したり、黒く塗りつぶしたりするとよいでしょう。

また、下着などを捨てるときは特に、袋を二重にするなど、ゴミ袋から透けないように捨てましょう。

郵便物

ポストから郵便物などが盗まれないように、ポストには鍵をつけましょう。

表札

表札も立派な個人情報です。女性だと分からないよう、苗字だけにしましょう。

公共料金の支払い

コンビニなどで公共料金を支払う場合は、不審者が周囲にいないか確認し、いつも同じコンビニで支払わないようにしましょう。

口座振替、クレジットカード支払いの方が安心でオススメです。

スキミング

クレジットカードやキャッシュカードを利用する際は、スキミングをされないように店員の行動や周囲の様子を注意深く観察することが大切です。

電子マネー機能などの情報をバッグ上からスキミングされる手口もあります。

カードには『スキミング防止カード』がオススメです。

パソコン

ウィルス対策ソフトを導入し、定期的に更新して常に最新のものにしておきましょう。

万が一盗まれてしまっても、パソコンを操作されないようにパスワードを掛けておきましょう。

おわりに

セコム働く女性の安全委員会」から女性の個人情報保護対策を紹介しました。

個人情報はあなたの大切な財産です。犯罪に利用されないように、きちんと自分自身で管理をしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。