\ フォローしてね /

超簡単!クッションカバーの作り方

お部屋のインテリアはたまに模様替えして、気分転換したいですよね。しかし、ベッドやソファーなど、大きな家具を動かすのは、一人暮らしだと難しいもの。そんなときには、クッションカバーを変えてみることをオススメします。実は、ファスナーやボタンを使わずとも、自分で簡単に作ることができるのです。ベース布の柄や素材はもちろん。飾りになるビーズなどを用意すれば、アレンジしてこだわりのカバーも作れそう!裁縫をやり慣れていない方でもできる方法をご紹介します。
このライフレシピのもくじたたむ

クッションやカーテンなどは、お部屋のアクセントになるポイント。しかも、割と手軽に変えられるので、模様替えや、季節感を出すのに最適です。

ご紹介するクッションカバーは、たった4本の直線縫いでできてしまう、超簡単なもの。面倒なファスナーやボタン付けをする必要がありません。短時間でできるので、気分や季節に合わせた柄のクッションカバーを手作りしてみてはいかがでしょうか?

用意するもの

  • クッションサイズの約2倍の大きさの布(大きさはSTEP1を参照)
  • 布の色に合う糸

作り方

STEP1:布を裁断する

クッションのサイズを測り、カバー用の布地を裁断します。

クッションの長さがタテaセンチ、ヨコbセンチとすると、布の大きさは(a+3)×(2b+25)センチになります。

布の種類はお好みで。コットンだとカジュアルに、厚手のものや光沢のある布を使うと、洒落た雰囲気になります。

STEP2:両端を折って縫う

両端を5センチのところで三つ折りして、図のように縫います。

STEP3:たたんで上下を縫う

真ん中を15センチ重ね、図のように裏面を外に出してたたみ、上下1.5センチの部分を縫います。布の合わせ目はだいたい真ん中にあわせます。

厚いクッションの場合、重なり部分を数センチ長くすると仕上がりがきれいです。その分、横幅を伸ばして布地を裁断して下さい。ただし、長過ぎるとクッションを入れにくくなるのでご注意を。
座布団や薄いクッションの場合、重なり部分は10センチ程度でOK。布地を裁つ時に、5センチ程度横幅を縮めて裁断して下さい。

STEP4:できあがり

裏返したら完成です!布の合わせ目の部分からクッションを入れます。

写真は、必要な横幅が布幅と同じだったので、布の耳(上下の端)を利用し、STEP2の両端の三つ折りを省略しました。布を切って、上下2か所を縫っただけ!

アレンジ

  • 表と裏を違う布にしてみたり、レースや飾りボタンをつけると、ぐっと本格的になります。本体が簡単にできるので、飾りに手をかけて見ても面白いでしょう。
  • いざクッションを入れて見たら、合わせ目の部分が開いてしまう…そんな場合は、スナップボタンやマジックテープをつければOKです。
同じ作り方で、座布団カバーや枕カバーも作ることができます。

おわりに

筆者の家では、座布団好きな猫がいたとき、座布団がどれもすぐに毛だらけになるので、たくさん作って次々に洗濯していました。いろいろな柄で作ると、気分も変わって楽しいですよ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。